日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

免疫抑制薬解説

めんえきよくせいやく

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 免疫反応において中心的な役割を担う細胞の働きやその細胞の増殖などを抑え免疫抑制作用をあらわす薬
    • 免疫が自己の細胞や移植後の臓器などを攻撃することで自己免疫疾患や移植後の拒絶反応がおこる
    • 免疫反応においてリンパ球などは中心的な役割を担い、免疫反応を引き起こすサイトカインの産生などに関わる
    • 本剤はリンパ球からのサイトカイン産生を抑えたり、リンパ球の増殖を抑える作用などをあらわす
  • 本剤は臓器や骨髄の移植における拒絶反応の抑制の他、薬剤によっては自己免疫疾患に使用する場合もある

詳しい薬理作用

免疫反応は体外からの物質や体内の自己細胞などに対して、免疫細胞からサイトカインという炎症反応などを引き起こす物質や免疫グロブリンという異物や病原体などを攻撃する物質などが放出されておこる。免疫反応を担う白血球はリンパ球、マクロファージ、顆粒球に分かれその中でもリンパ球は免疫反応において特に中心的な役割を果たす。リンパ球の中でT細胞は免疫反応を引き起こすインターロイキン(IL)、TNFα、インターフェロンなどのサイトカインの産生などを行い、免疫反応の司令塔的な役割をもつ。

本剤は薬剤毎の作用により、リンパ球に作用しT細胞からのサイトカイン産生を抑制したり、リンパ球の増殖に必要となる核酸(DNAなど)の合成を抑えることで免疫抑制作用をあらわす。臓器などの移植後は移植した臓器などに対して免疫で排除しようとする拒絶反応が働くため、本剤は拒絶反応の抑制作用をあらわす。また例として、関節リウマチはILやTNFαなど、炎症性腸疾患ではインターフェロンγなどのサイトカインが起因となり症状があらわれるため、本剤の中にはこれらの自己免疫疾患において治療効果をあらわす薬剤もある。

主な副作用や注意点

  • 感染症
    • 細菌性、ウイルス性、真菌性などの感染症が発現又は増悪する可能性がある
  • 腎障害(薬剤によって頻度が大きく異なる場合がある)
    • 尿量が少なくなる、ほとんど尿が出ない、一時的に尿量が多くなる、発疹、むくみ、体がだるいなどがみられた場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する
  • 血小板減少
    • 手足に点状出血、あおあざができやすい、出血しやすいなどがみられた場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する

一般的な商品とその特徴

プログラフ

  • タクロリムス製剤
    • T細胞からのサイトカイン産生を抑え、移植後拒絶反応や炎症反応などを抑える
    • 顆粒剤もあり、用途などによって選択が可能
  • 移植(腎臓、肝臓、心臓、肺、骨髄など)における拒絶反応の抑制、関節リウマチ、重症筋無力症、ループス腎炎、潰瘍性大腸炎などで使用する

グラセプター

  • タクロリムスの徐放性製剤
    • 服用方法は通常、1日1回朝に経口投与する
    • 主に臓器移植、骨髄移植における拒絶反応の抑制で使用する

ネオーラル

  • シクロスポリン製剤
    • 主にヘルパーT細胞の活性化を抑制しインターロイキンなどのサイトカイン産生を抑制する
    • 液剤(内用液)もあり、嚥下能力などに合わせて選択が可能
  • 移植(腎臓、肝臓、心臓、肺、骨髄など)における拒絶反応の抑制、ベーチェット病、尋常性乾癬、ネフローゼ症候群などで使用する
  • グレープフルーツジュースとの飲み合わせに関する注意
    • 本剤の血中濃度が上昇する場合があるため、グレープフルーツジュースの摂取は避けることが望ましいとされる

サーティカン

  • 細胞の分裂・増殖に重要な役割を果たすmTOR(エムトール)の活性化を阻害し、T細胞などの増殖を抑える
  • 主に心移植、腎移植における拒絶反応の抑制で使用する

セルセプト

  • リンパ球の増殖に必要なDNA合成を抑制する
  • 移植(腎臓、心臓、肝臓、肺、膵臓)における拒絶反応の抑制や腎移植後の難治性拒絶反応の抑制、ループス腎炎の治療などで使用する

薬の種類一覧

免疫抑制薬の医療用医薬品(処方薬)

注射薬:液剤

注射薬:散剤

内用薬:カプセル剤

内用薬:液剤

内用薬:散剤

内用薬:錠剤

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:319
  2. インフルエンザ治癒証明に意義なし REPORT FBシェア数:983
  3. 心筋梗塞の25%は胸痛なしと知ってはいたが… 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:6
  4. 最悪の事態は油断とともにやってくる 医師の知らない?検査の話 FBシェア数:1
  5. 時代とともに失われたナースのスキル 病院珍百景 FBシェア数:23
  6. 「入院難民」「在宅難民」が深刻な社会問題に 特集◎「2040年問題」で日本の医療はここまで変わる《3》 FBシェア数:70
  7. 11県で総合診療科研修プログラムの応募ゼロ 新専門医制度、初年度専攻医の一次登録を締め切る FBシェア数:225
  8. 血糖管理はHbA1cを見るだけでは不十分 リポート◎糖尿病の新管理指標「血糖トレンド」に注目集まる FBシェア数:855
  9. 「無診察リハ」で2年分の診療報酬を自主返還 クリニック事件簿 FBシェア数:287
  10. 放射線アブレーションによる心室頻拍治療 NEJM誌から FBシェア数:61
医師と医学研究者におすすめの英文校正