日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

卵胞ホルモン製剤(エストロゲン製剤)解説

らんほうほるもんせいざい

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 卵胞ホルモンを補充し、更年期障害によるほてり、発汗などの症状や不妊症、卵巣欠落症状などを改善する薬
    • 更年期障害では卵胞ホルモン(エストロゲン)が減ることで自律神経失調や精神症状がおこる
    • 更年期障害では、血管運動症状(ほてり、発汗など)や冷え、不眠、疲労感などがあらわれる
    • 卵巣機能不全による不妊症や卵巣摘出による卵巣欠落症状などでは卵胞ホルモンの不足がおこる
  • 薬剤よっては骨粗しょう症に使用する場合もある
  • 薬剤によって剤形が内服剤、貼付剤、塗布剤など様々であり各製剤毎に適切な使用方法などの理解が必要となる

詳しい薬理作用

更年期障害は卵胞から出る女性ホルモン(エストロゲン)が減ることによって自律神経失調や精神症状がおき、ほてり、のぼせ、動悸、冷え、不眠、抑うつ気分、疲労感などがあらわれる。ほてりや発汗などの症状を血管運動神経症状(ホットフラッシュ)ともよぶ。

本剤は卵胞ホルモン(エストロゲン)製剤であり、エストロゲンを補充することによって更年期障害による諸症状を改善する。また、卵巣の機能が弱る卵巣機能不全による不妊症や卵巣摘出による卵巣欠落症状への卵胞ホルモン補充療法などにも使用する。

他にもエストロゲンは骨の形成にも関与するため、薬剤によっては骨粗しょう症の治療薬として使用するものもある。

主な副作用や注意点

  • 乳房症状
    • 乳房の張り、乳房痛などがあらわれる場合がある
  • 消化器症状
    • 吐き気、腹部膨満感などがあらわれる場合がある
  • 血栓症
    • 頻度は非常に稀である
    • 手足のまひやしびれ、しゃべりにくい、胸の痛み、呼吸困難などがみられる場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する

一般的な商品とその特徴

エストラーナ

  • 貼付剤(テープ剤)で、通常は下腹部か臀部(お尻)に貼る
  • 閉経後骨粗しょう症や性腺機能低下症などに使用する場合もある

ディビゲル ル・エストロジェル

  • 塗布剤(ゲル剤)の使用方法に関して
    • ディビゲルは通常1日1回、1回1包を左右いずれかの大腿部か下腹部に、決められた範囲に塗る
    • ル・エストロジェルは通常1日1回、1回2プッシュ(1.8g)分を両腕の手首から肩までの広い範囲に塗る(症状に応じて減量する場合もある)

ジュリナ

  • 剤形は内服剤で、閉経後骨粗しょう症に使用する場合もある

エストリール ホーリン

  • 内服剤は閉経後骨粗しょう症に使用する場合もある
  • 注射剤や膣錠もあり用途などによって選択される
    • 注射剤は分娩時などの子宮頚部をやわらかくする目的で使用する場合もある
    • 膣錠は子宮頚部や膣部における炎症を抑える作用がある

プレマリン

  • 剤形は内服剤で、膣炎や機能性子宮出血に使用する場合もある

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:294
  2. 2018年度ダブル改定の“真の主役”は「看取り」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:13
  3. 66歳女性。意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  4. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:257
  5. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  6. カフェイン中毒――侮ってはいけない市販薬 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:4
  7. 政策誘導の「はしご」は外されるのが当たり前? 記者の眼 FBシェア数:39
  8. 安定狭心症へのPCI、症状改善に有意差認めず 循環器・糖尿病診療のNew Stage◎LECTURE FBシェア数:0
  9. 若年男性に生じた発熱と多関節痛、何を疑う? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  10. インフルエンザウイルスの抗原変異は予測可能 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《Interview》 FBシェア数:3