日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

球形吸着炭解説

きゅうけいきゅうちゃくたん

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 腎不全における体内の毒素を吸着し、便と一緒に排泄することで尿毒症を改善する薬
    • 腎不全では老廃物などを排泄する腎臓の機能が低下し、体内に毒素が残りやすい状態
    • 活性炭は体内で毒素などを吸着し、吸着した毒素を便と一緒に体外へ排泄する作用をもつ
    • 本剤は活性炭の製剤であり、体内に毒素が蓄積する尿毒症の改善作用をあらわす
  • 本剤は通常、食後2時間後や食間(食事から食事までの中間時間)などに服用する

詳しい薬理作用

腎不全では老廃物などを排泄する腎臓の機能が低下していて、体内に毒素が残りやすい状態になっている。

活性炭は毒素を含む化学物質を吸着する作用をもつ。活性炭を体内へ摂取すると、毒素が体内へ吸収される前に活性炭が毒素をあらかじめ吸着し、便と一緒に体外へ排泄する。これにより体内に毒素が蓄積する尿毒症を改善することができる。

本剤は活性炭製剤であり、腎不全により排出できない体内の毒素を吸着し、体外へ便と一緒に排泄する作用により尿毒症を改善する。

尚、本剤の吸着作用により、他の治療薬などを同時に服用するとそれらの治療薬の吸収や効果の減弱の可能性があるため、本剤の服用は他の治療薬と間隔をあけて行う。(本剤は通常、食後2時間後や食間〔食事から食事までの中間時間〕などに服用する)

主な副作用や注意点

  • 消化器症状
    • 便秘、食欲不振、吐き気、腹痛、下痢などの症状があらわれる場合がある
  • 皮膚症状
    • 頻度は稀だが、痒み、皮疹などの症状があらわれる場合がある
  • 他の治療薬を併用する場合の注意
    • 本剤の吸着作用により他の治療薬の吸収や効果を減弱させる可能性がある
    • 他の治療薬を併用する場合は本剤との同時服用は避ける

一般的な商品とその特徴

クレメジン

  • 本剤は通常、1日6g(病態などによって服用量が変更になる場合もある)を3回に分けて服用する薬剤で服薬状況などにより剤形選択が可能
    • カプセル剤(主成分を1カプセルに200mg含有)では通常、1日30カプセル(1日6g相当)服用することになる
    • 細粒剤(主成分を1包中に2g含有)では通常、1日3包(1日6g相当)服用することになる
    • 速崩錠(主成分を1錠中に500mg含有)では通常、1日12錠(1日6g相当)服用することになる

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ズバリ!up to date問題の出題のヤマはこ… 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:39
  2. 診療拒否が違法か否かを判断する「3つの要素」 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:143
  3. 大阪北部で地震発生! 救急医の1日 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:175
  4. 85歳の癌患者に標準治療を行いますか? リポート◎高齢癌患者の治療適否は予後とQOLへの影響で判断 FBシェア数:147
  5. 某球団の熱烈ファンを狙った医師採用戦略 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:212
  6. 50歳男性、夜中の意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  7. 食べられない高齢者にはこう介入する Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:174
  8. 患者トラブルの背後に隠れていた「虐待」 なにわのトラブルバスターの「患者トラブル解決術」 FBシェア数:55
  9. プライマリ・ケア連合学会が成人までカバーしたワク… 学会トピック◎第9回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 FBシェア数:107
  10. 身体障害を克服して信玄に仕えた 山本勘助 病と歴史への招待 FBシェア数:1
医師と医学研究者におすすめの英文校正