日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

陽イオン交換樹脂製剤(血清カリウム抑制剤)解説

よういおんこうかんじゅしせいざい(けっせいかりうむよくせいざい)

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 腸管内で薬剤のもつ陽イオンをカリウムイオンと交換しカリウムイオンを排泄させて血液中のカリウム値を下げる薬
    • 慢性腎不全では腎機能低下により血液中のカリウム値が高くなりやすくなる
    • 血液中のカリウム値が高いままだと高カリウム血症がおこりやすくなる
    • 本剤は腸管内でカリウムイオンを本剤のもつ陽イオンと交換し、体外へ排泄させる樹脂製剤

詳しい薬理作用

慢性腎不全では腎臓の機能低下により血液中のカリウム値が高くなるなどの症状があらわれる。血液中のカリウム値が高い状態のままでは、高カリウム血症により筋力の低下、吐き気、しびれなどがあらわれ、場合によっては不整脈などを引き起こすこともある。

本剤は腸管内で本剤成分がもつ陽イオン(カルシウムイオンやナトリウムイオン)と腸管内のカリウムイオンが交換され、ポリスチレンスルホン酸樹脂としてそのまま糞便中に排泄される。これにより、腸管内カリウムイオンが体外へ排泄され、結果として血液中のカリウム値が低下する。

主な副作用や注意点

  • 消化器症状
    • 便秘、吐き気、食欲不振などがあらわれる場合がある(便秘は主に経口投与した場合)
    • 腸潰瘍、腸閉塞(イレウス)などに注意が必要となる場合がある
  • アルミニウム、マグネシウム又はカルシウムを含有する製剤との併用に関して
    • 本剤のもつ陽イオンと上記製剤の陽イオンが交換され、本剤の効果が減弱する可能性がある

一般的な商品とその特徴

カリメート

  • ポリスチレンスルホン酸カルシウム製剤
  • 本剤のもつカルシウムイオンと腸管内のカリウムイオンを交換させる製剤
  • 散剤、ドライシロップ剤、液剤(経口液)があり用途や服薬状況などによって選択される
    • 散剤は経口投与の他、注腸投与で使用する場合もある
  • カリメート経口液に関して
    • 通常の製剤(ノンフレーバー製剤)とオレンジフレーバー製剤があり服薬状況などによって選択が可能

アーガメイト

  • ポリスチレンスルホン酸カルシウム製剤
  • ゼリー剤、顆粒剤があり服薬状況などによって選択が可能
    • ゼリー剤の服薬補助の為のフレーバー(アーガメイトゼリー専用フレーバー)がある

ケイキサレート

  • ポリスチレンスルホン酸ナトリウム製剤
  • 本剤のもつナトリウムイオンと腸管内のカリウムイオンを交換する製剤
  • 散剤、ドライシロップ剤があり用途や服薬状況などによって選択される
    • 散剤は経口投与の他、注腸投与で使用する場合もある
  • 本剤のナトリウムイオンの影響による浮腫や血圧上昇などに注意する

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 疼痛治療薬が効果なし…メンタルと思いきや 「こじらせ疼痛」にどう向き合う FBシェア数:0
  2. 45歳男性。自力で動けない。 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  3. 研修医が意識しておくべき最低限の心構えとは イケてる指導医が研修医に伝えたいこと FBシェア数:177
  4. かかりつけ医の普及に本腰、でも1人開業医は… 特集◎2018年度診療・介護報酬改定のインパクト《5》 FBシェア数:34
  5. 肺癌見落としで40代女性死亡、河北健診クリニック 河北医療財団「係争化はしていない。遺族と協議中」 FBシェア数:0
  6. N95マスクは何度まで使えるのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:0
  7. メジャー疾患のガイドライン改訂が目白押し 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:0
  8. 腎機能を確認せずに造影CTを行うのは罪? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:152
  9. 専門医機構の新理事長は医学会連合の寺本民生氏 2019年度の専攻医募集は「9月を目指す」 FBシェア数:0
  10. 熱中症で倒れた新撰組沖田総司 病と歴史への招待 FBシェア数:26
医師と医学研究者におすすめの英文校正