日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

非ステロイド性抗炎症薬(皮膚疾患治療薬・外用薬)解説

ひすてろいどせいこうえんしょうやく(ひふしっかんちりょうやく・がいようやく)

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 抗炎症作用などにより、皮膚の赤みや腫れ、痛みや痒みなどを和らげる薬
    • 炎症や痛みなどを引き起こす体内物質にプロスタグランジン(PG)がある
    • PGはシクロオキシゲナーゼ(COX)という酵素などにより生成される
    • 本剤はCOX阻害作用などにより炎症などを緩和する作用をあらわす非ステロイド性の外用塗布剤
  • 本剤は帯状疱疹などの皮膚疾患に使用する場合もある

詳しい薬理作用

体内で炎症や痛みなどを引き起こす物質にプロスタグランジン(PG)がある。PGはシクロオキシゲナーゼ(COX)という酵素の作用などによって生成される。

本剤はステロイドの作用とは異なり、COXを阻害しPG生成を抑えることなどで抗炎症作用などをあらわすステロイド性の外用塗布剤となる。

本剤はステロイド外用剤に比べるとアレルギー性皮膚炎などへの効果は(一般的には)弱いといえるが、顔や首などの外用剤の吸収がよい部位や外用剤の吸収がよい乳幼児の顔や首、陰部などの炎症性病変などに使用される場合がある。また帯状疱疹などの皮膚疾患に使用する場合もある。

主な副作用や注意点

  • 皮膚症状
    • 刺激感、痒みなどがあらわれる場合がある
  • 過敏症
    • 頻度は稀だが、特に長期使用によりおこりやすくなることもあり、接触皮膚炎などがあらわれる場合がある

一般的な商品とその特徴

スタデルム ベシカム

  • 軟膏剤とクリーム剤があり、用途などに合わせて選択が可能

コンベック フエナゾール

  • 軟膏剤とクリーム剤があり、用途などに合わせて選択が可能

スレンダム トパルジック スルプロチン

  • 軟膏剤とクリーム剤があり、用途などに合わせて選択が可能
  • (他の薬剤による)光線過敏症の既往歴がある患者などへは原則として使用しない

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:280
  2. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:377
  3. 66歳女性。意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  4. 2018年度ダブル改定の“真の主役”は「看取り」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:17
  5. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  6. 院外と院内の価格差、中医協でも議論に トレンド(DIオンライン) FBシェア数:21
  7. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:682
  8. NAFLD患者は脳の萎縮が早くなる可能性あり JAMA Neurology誌から FBシェア数:58
  9. カフェイン中毒――侮ってはいけない市販薬 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:17
  10. 高齢者にも脳症リスクあるA(H3)は流行する? 寄稿◎2017ー18シーズンのインフルエンザ診療の要点《上》 FBシェア数:1