日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

非ステロイド性抗炎症薬(皮膚疾患治療薬・外用薬)解説

ひすてろいどせいこうえんしょうやく(ひふしっかんちりょうやく・がいようやく)

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 抗炎症作用などにより、皮膚の赤みや腫れ、痛みや痒みなどを和らげる薬
    • 炎症や痛みなどを引き起こす体内物質にプロスタグランジン(PG)がある
    • PGはシクロオキシゲナーゼ(COX)という酵素などにより生成される
    • 本剤はCOX阻害作用などにより炎症などを緩和する作用をあらわす非ステロイド性の外用塗布剤
  • 本剤は帯状疱疹などの皮膚疾患に使用する場合もある

詳しい薬理作用

体内で炎症や痛みなどを引き起こす物質にプロスタグランジン(PG)がある。PGはシクロオキシゲナーゼ(COX)という酵素の作用などによって生成される。

本剤はステロイドの作用とは異なり、COXを阻害しPG生成を抑えることなどで抗炎症作用などをあらわすステロイド性の外用塗布剤となる。

本剤はステロイド外用剤に比べるとアレルギー性皮膚炎などへの効果は(一般的には)弱いといえるが、顔や首などの外用剤の吸収がよい部位や外用剤の吸収がよい乳幼児の顔や首、陰部などの炎症性病変などに使用される場合がある。また帯状疱疹などの皮膚疾患に使用する場合もある。

主な副作用や注意点

  • 皮膚症状
    • 刺激感、痒みなどがあらわれる場合がある
  • 過敏症
    • 頻度は稀だが、特に長期使用によりおこりやすくなることもあり、接触皮膚炎などがあらわれる場合がある

一般的な商品とその特徴

スタデルム ベシカム

  • 軟膏剤とクリーム剤があり、用途などに合わせて選択が可能

コンベック フエナゾール

  • 軟膏剤とクリーム剤があり、用途などに合わせて選択が可能

スレンダム トパルジック スルプロチン

  • 軟膏剤とクリーム剤があり、用途などに合わせて選択が可能
  • (他の薬剤による)光線過敏症の既往歴がある患者などへは原則として使用しない

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師の説明を無断録音、裁判の証拠になるのか? クリニック法律相談室 FBシェア数:262
  2. 不足だけでないインフルエンザワクチンへの懸念 記者の眼 FBシェア数:247
  3. 感染研、麻疹発生で医療機関に注意喚起 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:189
  4. 若年男性の下腹部激痛ではパンツを脱がせろ! カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:20
  5. 甲状腺機能は低めの方が余命は長い JAMA Intern Med誌から FBシェア数:123
  6. 「一般的な勤務医は労働者」に議論の余地なし 厚生労働省 第2回医師の働き方改革に関する検討会(前編) FBシェア数:255
  7. 電解質の良書 医学書ソムリエ FBシェア数:29
  8. 敗血症は治る病気です 特集◎あなたが救う敗血症《インタビュー》 FBシェア数:6
  9. 98%が「心不全患者の緩和ケアは必要」 学会トピック◎第21回日本心不全学会学術集会 FBシェア数:132
  10. 医師の働き方改革、今後の論点は大きく4項目 厚生労働省 第2回医師の働き方改革に関する検討会(後編) FBシェア数:55