日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

非ステロイド性抗炎症薬(皮膚疾患治療薬・外用薬)解説

ひすてろいどせいこうえんしょうやく(ひふしっかんちりょうやく・がいようやく)

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 抗炎症作用などにより、皮膚の赤みや腫れ、痛みや痒みなどを和らげる薬
    • 炎症や痛みなどを引き起こす体内物質にプロスタグランジン(PG)がある
    • PGはシクロオキシゲナーゼ(COX)という酵素などにより生成される
    • 本剤はCOX阻害作用などにより炎症などを緩和する作用をあらわす非ステロイド性の外用塗布剤
  • 本剤は帯状疱疹などの皮膚疾患に使用する場合もある

詳しい薬理作用

体内で炎症や痛みなどを引き起こす物質にプロスタグランジン(PG)がある。PGはシクロオキシゲナーゼ(COX)という酵素の作用などによって生成される。

本剤はステロイド(副腎皮質ホルモン)の作用とは異なり、COXを阻害しPG生成を抑えることなどで抗炎症作用などをあらわすステロイド性の外用塗布剤となる。

本剤はステロイド外用剤に比べるとアレルギー性皮膚炎などへの効果は(一般的には)弱いといえるが、顔や首などの外用剤の吸収性が高い部位や外用剤の吸収性が高い傾向にある乳幼児の顔や首、陰部などの炎症性病変などに使用される場合がある。また帯状疱疹などの皮膚疾患に使用する場合もある。

主な副作用や注意点

  • 皮膚症状
    • 刺激感、痒みなどがあらわれる場合がある
  • 過敏症
    • 頻度は稀だが、特に長期使用によりおこりやすくなることもあり、接触皮膚炎などがあらわれる場合がある

一般的な商品とその特徴

スタデルム,ベシカム

  • イブプロフェンピコノール製剤
  • 軟膏剤とクリーム剤があり、用途などに合わせて選択が可能

コンベック,フエナゾール

  • ウフェナマート製剤
  • 軟膏剤とクリーム剤があり、用途などに合わせて選択が可能

スレンダム,トパルジック,スルプロチン

  • スプロフェン製剤
  • 軟膏剤とクリーム剤があり、用途などに合わせて選択が可能
  • ケトプロフェン外皮用剤(主な商品名:モーラス、エパテック、セクター、ミルタックス)などに対して過敏症の既往歴がある患者などへは原則として使用しない

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 眼科専攻医登録数、愛知県の人数はなぜ突然変わった… ニュース追跡◎専門医機構の内部資料から見えてきたこと FBシェア数:43
  2. 腎機能を確認せずに造影CTを行うのは罪? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:86
  3. 1歳男児。躯幹の小丘疹と手掌・足底の水疱 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  4. 手術で体重3割減、合併する糖尿病も高率で寛解 トレンド◎肥満外科治療が日本でも普及の兆し FBシェア数:156
  5. 76歳女性。動悸、ふらつき 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  6. スタチンだけで下げられないリスクを減らすか? トレンド◎フィブラート系薬に20数年ぶりの新薬ペマフィブラート登場 FBシェア数:15
  7. 尿閉を生じた高齢患者で想起すべき疾患は? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:36
  8. 糖尿病による合併症、忘れてはいけない認知症 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:29
  9. 見えにくい静脈への穿刺を助ける新兵器 リポート【動画付き】◎血管可視化装置の使い勝手は? FBシェア数:96
  10. 「腹膜透析は使えない」は過去のもの 日本透析医学会理事長の中元秀友氏に聞く FBシェア数:13
医師と医学研究者におすすめの英文校正