日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

黄体ホルモン製剤(プロゲステロン製剤)解説

おうたいほるもんせいざい

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 黄体ホルモンを補充し、無月経、月経周期異常、月経困難症、機能性子宮出血、不妊症などを治療する薬
    • 黄体ホルモン(プロゲステロン)には子宮内膜を増やし受精卵が着床するように子宮内環境を整える作用がある
    • 黄体ホルモンの不足やバランスの崩れにより無月経や月経周期異常がおこる
    • 黄体ホルモンの不足やバランスの崩れは機能性子宮出血や不妊症なども引き起こす

詳しい薬理作用

黄体ホルモン(プロゲステロン)は月経周期の後半で子宮内膜を増やし受精卵が着床しやすいように子宮内の環境を整える作用がある。そのため、体内のプロゲステロンの不足やバランスが崩れると、無月経や月経周期異常などが引き起こされる。

本剤は黄体ホルモン(プロゲステロン)製剤であり、プロゲステロンを補充することで無月経や月経周期を改善する作用をあらわす。また薬剤によっては、女性ホルモンのバランスを整えることで機能性子宮出血の改善、黄体機能不全による不妊症の治療、切迫流早産や月経困難症の症状の軽減などにも使用する場合がある。

主な副作用や注意点

  • 消化器症状
    • 吐き気・嘔吐、食欲不振などがあらわれる場合がある
  • 精神神経系症状
    • めまい、頭痛、眠気などがあらわれる場合がある

一般的な商品とその特徴

デュファストン

  • 切迫流早産や習慣性流早産に使用する場合もある

ヒスロン

  • 切迫流早産や習慣性流早産に使用する場合もある
  • 高用量の規格(ヒスロンH錠200mg)があり、ヒスロン錠5mgとは異なる治療に使用される

プロベラ

  • ヒスロンと同成分の製剤
    • ヒスロン錠5mgが1錠中に主成分を5mg含むのに対し、本剤は1錠中に同一の主成分を2.5mg含む
  • 切迫流早産や習慣性流早産に使用する場合もある

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 62歳女性。下肢に多発する、浸潤を触れる紫斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  2. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:298
  3. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:434
  4. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:779
  5. 「たかが過換気」と侮ってはいけない 酸・塩基・電解質マネジメント FBシェア数:94
  6. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  7. 来シーズンには新機序の抗インフル薬登場 寄稿◎2017ー18シーズンのインフルエンザ診療の要点《下》 FBシェア数:2
  8. 66歳女性。意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  9. 「給料泥棒なの?」 上司の言葉に夜も眠れず 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:90
  10. 2018年度ダブル改定の“真の主役”は「看取り」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:22