日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

SERM解説

サーム

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 閉経後に減少した骨を増やすエストロゲンのバランスを調整し、骨量を増やして骨粗しょう症における骨折などの危険性を低下させる薬
    • 骨粗しょう症では骨を壊す過程が骨を作る過程を上回っていて、骨量が低下して骨折などの危険が伴う
    • エストロゲンは骨量の増加に関わっており、閉経後はエストロゲンが減少し骨量が低下する
    • 本剤は選択的エストロゲン受容体調整薬といい、骨のエストロゲンのバランスを調整し、骨量を増加させる
  • 頻度は非常に稀だが、特徴的な副作用に静脈血栓症などがある

詳しい薬理作用

骨粗しょう症は骨を壊す細胞と作る細胞のバランスが崩れることで、骨がもろくなってしまい、転ぶことなどによって骨折の危険性が高くなる。

体内で女性ホルモンのエストロゲンは骨量の増加に関わっている。女性は閉経後、エストロゲンが減少するためエストロゲンを補うことで骨量の減少を抑えることが期待できる。

本剤(SERM)は選択的エストロゲン受容体調整薬といい、骨のエストロゲン受容体に選択的に作用し、閉経により減少したエストロゲンのバランスを調整することで、骨量を増やす作用をあらわす。またエストロゲンの作用に血液凝固作用があり、頻度は非常に稀だが本剤の副作用に静脈の血栓症がある。

尚、本剤をあらわすSERMはSelective Estrogen Receptor Modulator(選択的エストロゲン受容体調節薬)の略称。

主な副作用や注意点

  • 皮膚症状
    • 発疹、痒みなどの症状があらわれる場合がある
  • 乳房症状
    • 乳房緊満、乳腺症などがあらわれる場合がある
  • 循環器症状
    • ほてりなどがあらわれる場合がある
  • 静脈血栓塞栓症
    • 頻度は非常に稀である
    • 下肢の疼痛・むくみ、突然の呼吸困難、息切れ、胸痛などの症状がみられる場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する
  • 肝機能障害
    • 頻度は非常に稀である
    • 倦怠感、食欲不振、発熱、黄疸などがみられ症状が続く場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する

一般的な商品とその特徴

エビスタ

  • ラロキシフェン製剤
  • 骨粗しょう症治療薬としては最初に発売されたSERM

ビビアント

  • バゼドキシフェン製剤
  • 背骨以外の骨折の発生率を低下させることにより有効とされる

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 新天地を目指すベテラン50代医師たちの事情 トレンド◎増える50歳代のキャリアチェンジ FBシェア数:8
  2. 7カ月女児。喘鳴、活気不良、顔色不良 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  3. 指導医療官から「犯罪者扱い」された院長 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:0
  4. DNARの落とし穴 Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:309
  5. よく使う睡眠薬、マイスリーがシェアを拡大 NMO処方サーベイ FBシェア数:2
  6. 「株主優待」目当ての投資では資産は増えない Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:31
  7. 高齢2型糖尿病患者の薬剤選択、どう判断する? 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:238
  8. 高齢者対象の高血圧診療ガイドライン完成 NEWS FBシェア数:391
  9. いよいよ始まる「看護師による死亡確認」 トレンド◎厚労省が遠隔死亡診断のガイドライン FBシェア数:1639
  10. 起立性調節障害に対する漢方の効果は? 富野浩充の「当直室からこんばんは」 FBシェア数:20