日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

ビタミンK製剤解説

びたみんけーせいざい

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 体内にビタミンKを補うことで、ビタミンKの以下の働きにより骨粗しょう症の治療や出血傾向などの改善へ使用する薬
    • ビタミンKは骨を強くする働きをもつ
    • ビタミンKは血液を固める要因(血液凝固因子)に関与し、血液を固める働きをもつ
  • 製剤によって使用する症状や疾患が異なる場合がある

詳しい薬理作用

ビタミンKは脂溶性(脂に溶けやすい性質)のビタミンで、骨の代謝や血液が固まる体内の働き(血液凝固)に関与する。

ビタミンKは骨の代謝に関与して、骨の形成を促進し骨吸収(骨が破壊される)のを抑える作用がある。

ビタミンKは血液凝固因子(第II、第VII、第IX、第X因子)の産生に必要であり、ビタミンKを体内に補うことで、血液を固めて出血傾向などを改善する作用をあらわす。

これらの作用により、ビタミンK製剤は骨粗しょう症の治療や乳児ビタミンK欠乏性出血症(生まれてまもない新生児などがビタミンKの不足により出血しやすくなる病気)などの治療に使用される。製剤によって使用する症状や疾患が異なる場合がある。

主な副作用や注意点

  • 消化器症状
    • 吐き気、下痢などの症状があらわれる場合がある
  • ワルファリンカリウム(ワーファリン など)との飲み合わせ
    • ワルファリンカリウムはビタミンKに拮抗して抗凝固作用をあらわすため、原則して本剤はワルファリンカリウムとは併用しない(但し、ワルファリンカリウム製剤投与中におこる低トロンビン血症の場合などは除く)

一般的な商品とその特徴

グラケー

  • 主に骨粗しょう症における骨量・疼痛の改善に使用される

ケイツー

  • カプセル剤、シロップ剤、注射剤があり、用途などに合わせて選択される
  • 乳児ビタミンK欠乏性出血症や分娩時出血などに使用される

ケーワン

  • 肝障害に伴う低プロトロンビン血症やビタミンK欠乏性出血などに使用される

薬の種類一覧

ビタミンK製剤の医療用医薬品(処方薬)

注射薬:液剤

内用薬:カプセル剤

内用薬:液剤

内用薬:散剤

内用薬:錠剤

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 新天地を目指すベテラン50代医師たちの事情 トレンド◎増える50歳代のキャリアチェンジ FBシェア数:8
  2. 7カ月女児。喘鳴、活気不良、顔色不良 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  3. 指導医療官から「犯罪者扱い」された院長 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:0
  4. DNARの落とし穴 Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:309
  5. よく使う睡眠薬、マイスリーがシェアを拡大 NMO処方サーベイ FBシェア数:2
  6. 「株主優待」目当ての投資では資産は増えない Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:31
  7. 高齢2型糖尿病患者の薬剤選択、どう判断する? 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:238
  8. 高齢者対象の高血圧診療ガイドライン完成 NEWS FBシェア数:391
  9. いよいよ始まる「看護師による死亡確認」 トレンド◎厚労省が遠隔死亡診断のガイドライン FBシェア数:1639
  10. 起立性調節障害に対する漢方の効果は? 富野浩充の「当直室からこんばんは」 FBシェア数:20