日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

活性型ビタミンD3製剤解説

かっせいびたみんでぃーすりーせいざい

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 小腸からのカルシウム吸収を促進させ、骨量の減少を抑え骨粗しょう症による骨折などの危険性を低下させる薬
    • 骨粗しょう症では骨を壊す細胞と作る細胞のバランスが崩れ骨がもろくなってしまう
    • ビタミンDは活性型ビタミンD3となると、小腸からのカルシウムの吸収を促進させ骨量の減少を抑える
    • 本剤は体内で活性型ビタミンD3と同様の作用をあらわす製剤である
  • 続発性(二次性)副甲状腺機能亢進症や副甲状腺機能低下症などに使用する薬剤もある

詳しい薬理作用

骨粗しょう症では骨を壊す細胞と作る細胞のバランスが崩れることで、骨がもろくなってしまい、転ぶことなどにより骨折する危険性が高くなる。

体内で活性化したビタミンDは活性型ビタミンD3となり小腸からのカルシウムの吸収を促進することで骨を作る過程(骨形成)を促進させ、骨量の減少を抑える作用をもつ。

本剤は体内で活性型ビタミンD3と同様の作用をあらわす薬剤であり、骨粗しょう症の治療で使用される。また薬剤によってはビタミンD欠乏症を招く続発性(二次性)副甲状腺機能亢進症や副甲状腺ホルモンの低下などによる低カルシウム血症などがおこる副甲状腺機能低下症などに使用するものもある。

主な副作用や注意点

  • 消化器症状
    • 吐き気、下痢、胃部不快感などの症状があらわれる場合がある
  • 腎機能障害
    • 頻度は非常に稀である
    • 尿量が少なくなる、発疹、むくみなどの症状がみられる場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する
  • 結石に関しての注意
    • 頻度は稀であるが、腎結石や尿路結石などがあらわれる場合がある

一般的な商品とその特徴

エディロール

  • 骨を壊す過程(骨吸収)を抑える作用もあるとされる
  • 本剤より以前に発売された活性型ビタミンD3製剤に比べて、より高い骨折予防効果を持つとされる

アルファロール ワンアルファ

  • 剤形に関して
    • 剤形に内用液もあり、嚥下機能の低下した患者などへのメリットが考えられる
    • アルファロールには散剤もあり、用途などに合わせた選択が可能
  • 慢性腎不全や副甲状腺機能低下症などによる低カルシウム血症などにも使用する

ロカルトロール

  • 慢性腎不全や副甲状腺機能低下症などによる低カルシウム血症などにも使用する

フルスタン ホーネル

  • 主に続発性(二次性)副甲状腺機能亢進症や副甲状腺機能低下症などに使用する

薬の種類一覧

活性型ビタミンD3製剤の医療用医薬品(処方薬)

注射薬:液剤

内用薬:カプセル剤

内用薬:液剤

内用薬:散剤

内用薬:錠剤

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 新天地を目指すベテラン50代医師たちの事情 トレンド◎増える50歳代のキャリアチェンジ FBシェア数:8
  2. 7カ月女児。喘鳴、活気不良、顔色不良 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  3. 指導医療官から「犯罪者扱い」された院長 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:0
  4. DNARの落とし穴 Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:309
  5. よく使う睡眠薬、マイスリーがシェアを拡大 NMO処方サーベイ FBシェア数:2
  6. 「株主優待」目当ての投資では資産は増えない Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:31
  7. 高齢2型糖尿病患者の薬剤選択、どう判断する? 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:238
  8. 高齢者対象の高血圧診療ガイドライン完成 NEWS FBシェア数:391
  9. いよいよ始まる「看護師による死亡確認」 トレンド◎厚労省が遠隔死亡診断のガイドライン FBシェア数:1639
  10. 起立性調節障害に対する漢方の効果は? 富野浩充の「当直室からこんばんは」 FBシェア数:20