日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

下垂体ホルモン製剤解説

かすいたいほるもんせいざい

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 成長ホルモンを体内に補うことで、低身長、骨の異常、筋力低下などの症状を改善する薬
    • 下垂体から分泌される成長ホルモンは背を伸ばしたり、筋肉、骨などを強くしたりする働きをもつ
    • 何らかの理由により成長ホルモンの分泌が不足すると、低身長や骨の変形などの症状があらわれる場合がある
    • 本剤は成長ホルモン製剤であり不足している成長ホルモンを体内に補う作用をあらわす
  • 慢性腎不全などにおける成長ホルモンの補充目的で使用する場合もある

詳しい薬理作用

成長ホルモンは下垂体ホルモンの一つであり、小児期では背を伸ばす作用をあらわし、成人になってからは筋肉、骨などを強くする作用や脂肪を分解する作用などをあらわす。何らかの原因で成長ホルモンの分泌が滞ると、身長が伸びなく低身長になる、軟骨の形成が十分にできなくなり骨の変形などの症状があらわれる場合がある。

本剤は成長ホルモンの外用製剤(注射剤)であり、成長ホルモンを補充することにより成長ホルモン分泌不全性低身長症、ターナー症候群、軟骨異栄養症(軟骨無形成症・軟骨低形成症)などの改善作用をあらわす。また本剤は慢性腎不全などにおける成長ホルモンの不足に対しても使用する場合がある。

主な副作用や注意点

  • 過敏症
    • 発疹、痒みなどがあらわれる場合がある
  • 精神神経系症状
    • 頭痛、しびれなどがあらわれる場合がある
  • 筋骨格系症状
    • 関節痛、下肢痛などの成長痛などがあらわれる場合がある
  • 内分泌症状
    • 甲状腺機能低下症、耐糖能低下などがあらわれる場合がある

一般的な商品とその特徴

ノルディトロピン

  • スムーズな注射導入の為の穿刺補助具(ペンメイト)がある
    • ノルディトロピンS注10mg:専用医薬品ペン型注入器(ノルディペン10)用の穿刺補助具として「ノルディペンメイト」がある
    • ノルディトロピンフレックスプロ注:専用の穿刺補助具として「フレックスプロペンメイト」がある

ヒューマトロープ

  • 注射部位や注射回数などに関する注意
    • 治療する疾患、症状などによって、1週間における使用量、注射方法(筋肉注射、皮下注射)、注射回数などが異なる場合があり医師の指示の下、適切に使用する

薬の種類一覧

下垂体ホルモン製剤の医療用医薬品(処方薬)

注射薬:キット類

注射薬:液剤

注射薬:散剤

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:280
  2. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:377
  3. 66歳女性。意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  4. 2018年度ダブル改定の“真の主役”は「看取り」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:17
  5. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  6. 院外と院内の価格差、中医協でも議論に トレンド(DIオンライン) FBシェア数:21
  7. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:682
  8. NAFLD患者は脳の萎縮が早くなる可能性あり JAMA Neurology誌から FBシェア数:58
  9. カフェイン中毒――侮ってはいけない市販薬 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:17
  10. 高齢者にも脳症リスクあるA(H3)は流行する? 寄稿◎2017ー18シーズンのインフルエンザ診療の要点《上》 FBシェア数:1