日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

DPP-4阻害薬解説

でぃぴーぴーふぉそがいやく

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 体内でインスリン分泌を促す物質の作用を強め、血糖値を下げる薬
    • 糖尿病は血糖値の高い状態が続くことで様々な合併症をひきおこす
    • インスリンは血糖値を下げる唯一のホルモンであり、インスリン分泌を促すGLP-1という物質がある
    • 本剤はGLP-1を分解するDPP-4という酵素を阻害しGLP-1の作用を増強し、インスリン分泌を促進させる
  • 単剤(本剤の成分を単独で)投与した場合での低血糖はおこりにくいとされる

詳しい薬理作用

糖尿病は血液中の血糖(ブドウ糖)が適正な量を超えて増えてしまった状態で、血糖値が高い状態が続くと様々な合併症がおこる。

インスリンは血糖値を下げる唯一のホルモンであり、膵臓から分泌される。体内に食物が入った後にインスリン分泌を促すインクレチン(GLP-1などの消化管ホルモンの総称)がある。GLP-1はインクレチンの一つで、体内でDPP-4という酵素によって分解されるため、DPP-4を阻害すればGLP-1の作用の減弱を抑えることができる。

本剤はDPP-4を阻害することによってGLP-1の量を増やし、インスリン分泌を促進することで血糖値を下げる作用をあらわす。

主な副作用や注意点

  • 低血糖
    • 冷や汗がでる、気持ちが悪くなる、手足がふるえる、ふらつく、力がぬけた感じがするなどの症状が急に出現したり持続したりする
    • 上記のような症状がみられる場合は、吸収の速い糖分などを摂取する
    • 糖分を摂取しても症状の改善がみられない場合は、医師や薬剤師に連絡する
    • 高所作業、自動車の運転などに従事している場合は注意する
  • 消化器症状
    • 便秘、胃部不快感、吐き気、下痢などの症状がみられる場合がある

一般的な商品とその特徴

グラクティブ ジャヌビア

  • シタグリプチン製剤
  • 薬の代謝・排泄に関して
    • 腎機能の影響を受けやすい
    • 腎機能が低下している場合は減量するなど調節する場合がある

エクア

  • ビルダグリプチン製剤
  • 薬の代謝・排泄に関して
    • 肝機能の影響を受けやすい
    • 原則として、重度の肝機能障害がある患者へは使用しない
  • 本剤の成分(ビルダグリプチン)と他の糖尿病治療薬との配合製剤に関して
    • ビグアナイド薬との配合剤(エクメット配合錠)がある

ネシーナ

  • アログリプチン製剤
  • 本剤の成分(アログリプチン)と他の糖尿病治療薬との配合製剤に関して
    • チアゾリジン系薬との配合剤(リオベル配合錠)がある
    • ビグアナイド薬との配合剤(イニシンク配合錠)がある

トラゼンタ

  • リナグリプチン製剤
  • 胆汁排泄型の特徴を持ち、一般的に腎機能障害や肝機能障害がある場合でも用量の調節が不要とされる

テネリア

  • テネリグリプチン製剤
  • 体内で薬剤の成分が肝臓と腎臓の2つのルートで消失する特徴を持つ
  • SGLT2阻害薬(カナグリフロジン)との配合剤(カナリア配合錠)がある

スイニー

  • アナグリプチン製剤
  • 肝臓での代謝をほとんど受けないことから、肝機能障害がある場合でも投与によるリスクが少ないなどのメリットが考えられる

オングリザ

  • サキサグリプチン製剤

ザファテック

  • トレラグリプチン製剤
  • 服用方法に関して
    • 週に1回服用するタイプの薬剤

マリゼブ

  • オマリグリプチン製剤
  • 服用方法に関して
    • 週に1回服用するタイプの薬剤

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:116
  2. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:197
  3. 「たかが過換気」と侮ってはいけない 酸・塩基・電解質マネジメント FBシェア数:5
  4. 白衣にネクタイ、する? しない? 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:48
  5. その単語選んでちゃ論文の価値が下がりますよ! 英文校正者が教える医学論文執筆の極意 FBシェア数:0
  6. 初期臨床研修の内容・評価基準が大幅改定へ 7科必修化、コミュニケーション能力などの評価が追加 FBシェア数:40
  7. 内科系診療科をたらい回しにされ、最終的には… 医学と看護の交差点でケアを考える FBシェア数:31
  8. 内科専攻医数、過去3年平均から21%も減少 人口10万人当たり最多は東京都の3.83人、最少は高知県の0.70人 FBシェア数:157
  9. 耳症状のみ、ANCA陰性でも注意深く観察を ANCA関連血管炎性中耳炎を学ぶ FBシェア数:0
  10. 血圧ビッグデータからエビデンスは作れる インタビュー◎上島弘嗣氏(滋賀医科大学アジア疫学研究センター) FBシェア数:55