日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

GLP-1受容体作動薬解説

じーえるぴーわんじゅようたいさどうやく

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 膵臓からのインスリン分泌を促し、分泌されたインスリンによって血糖値を下げる薬
    • 糖尿病は血糖値が高い状態で、この状態が続くと様々な合併症がおこる
    • インスリンは血糖値を下げるホルモンであり、GLP-1という物質などの作用により膵臓から分泌される
    • 本剤はGLP-1と同じような作用により、膵臓からインスリン分泌を促す
  • いずれの薬剤も皮下注射により投与する

詳しい薬理作用

糖尿病は血液中の血糖(ブドウ糖)が適正な量を超えて増えてしまった状態で、血糖値が高い状態が続くと様々な合併症がおこる。

インスリンは血糖値を下げる唯一のホルモンであり、膵臓から分泌される。体内に食物が入った後にインスリン分泌を促すインクレチン(GLP-1などの消化管ホルモンの総称)がある。GLP-1はインクレチンの一つで、膵臓にはGLP-1が作用するGLP-1受容体というものがあり、この受容体がGLP-1によって活性化することでインスリン分泌が促進する。

本剤はGLP-1受容体に働き、GLP-1と同じような作用によってGLP-1受容体を活性化させることでインスリン分泌を促し、血糖値を下げる作用をあらわす。

主な副作用や注意点

  • 低血糖
    • 冷や汗がでる、気持ちが悪くなる、手足がふるえる、ふらつく、力がぬけた感じがするなどの症状が急に出現したり持続したりする
    • 上記のような症状がみられる場合は、吸収の速い糖分などを摂取する
    • 糖分を摂取しても症状の改善がみられない場合は、医師や薬剤師に連絡する
    • 高所作業、自動車の運転などに従事している場合は注意する
  • 消化器症状
    • 便秘や吐き気、嘔吐、下痢などの症状がみられる場合がある

一般的な商品とその特徴

ビクトーザ

  • 通常は、1日1回投与する自己注射剤

バイエッタ

  • 通常は、1日2回投与する自己注射剤

リキスミア

  • 通常は、1日1回投与する自己注射剤

ビデュリオン

  • 週1回投与する自己注射剤

トルリシティ

  • 週1回投与する自己注射剤

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. マッチング最終結果、市中病院人気が再び加速 【2017年度】フルマッチ校は11校、東京医科歯科大は5年連続 FBシェア数:239
  2. 不足だけでないインフルエンザワクチンへの懸念 記者の眼 FBシェア数:375
  3. ベルソムラは就寝前に飲んじゃダメ!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:122
  4. 高齢でもピロリ除菌を行うべきもう1つの理由 リポート◎ピロリ除菌の目的は胃癌発症抑制と潰瘍予防だけじゃない! FBシェア数:185
  5. キャラクターで抗菌薬を覚える!? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:82
  6. 診療所の運動器リハ、意外だった査定の理由は? あのレセプトが削られたわけ FBシェア数:91
  7. 待望の内服薬が承認、治療アドヒアランス向上に期待 Unmet Medical Needs 2017 秋 FBシェア数:2
  8. 国内初の『慢性便秘症診療GL』の特徴は? 学会トピック◎JDDW2017 FBシェア数:124
  9. 「医療訴訟がとにかく怖いんです!」 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:19
  10. 意外と世間から誤解されている「救急」 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:96