日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

スタチン系薬解説

すたちんけいやく

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 肝臓におけるコレステロール合成を抑え、血液中の悪玉コレステロールを低下させ、動脈硬化などを予防する薬
    • 脂質異常症では血液中のコレステロールなどの数値異常がおきている
    • 肝臓ではHMG-CoA還元酵素というものの働きなどによりコレステロールが作られていて、作られたコレステロールは血液中へ移行する
    • 本剤はHMG-CoA還元酵素の働きを阻害し、肝臓におけるコレステロール合成を阻害する
  • 脳梗塞や心筋梗塞などの予防目的で使用される場合もある
  • 薬剤の作用の強さ(LDLコレステロールの低下度など)による分類
    • 一般的には、作用の強さが比較的マイルドな薬剤を「スタンダードスタチン」と呼び、それに比べ作用が強い薬剤を「ストロングスタチン」と呼ぶ

詳しい薬理作用

脂質異常症は血液中のコレステロールやトリグリセリドの数値異常がおこり、動脈硬化を早めるなど色々な病気をおこしやすくする。

肝臓においてコレステロール合成が行われており、コレステロールが合成される過程で必要なHMG-CoA還元酵素というものがある。肝臓で作られたコレステロールは各組織に移行したり、胆汁酸として排泄されたりする。

本剤は肝臓においてHMG-CoA還元酵素を阻害し、コレステロール合成を抑えることで、血液中のコレステロール(特に悪玉コレステロール)量を減らす作用をあらわす。悪玉コレステロールはLDLコレステロールとも呼ばれ、血液中でアテローム(プラーク)の原因となり動脈硬化を早めるため、本剤はLDLコレステロールを低下させる作用などにより動脈硬化に関連する脳梗塞や心筋梗塞などの予防目的としても使用される。

主な副作用や注意点

  • 横紋筋融解症
    • 頻度は非常に稀である
    • 手足・肩・腰などの筋肉が痛む、手足がしびれたり力が入らない、全身がだるい、尿の色が赤褐色になる、などの症状がみられる場合がある
    • 上記のような症状がみられる場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する
  • 肝機能障害
    • 頻度は稀である
    • 倦怠感、食欲不振、発熱、黄疸などがみられ症状が続く場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する
  • 高脂血症治療薬であるフィブラート系薬との併用に関しての注意
    • 治療上必要と判断された場合を除き、原則として併用しない

一般的な商品とその特徴

メバロチン

  • スタンダードスタチンに属する薬剤(プラバスタチン製剤)
  • 他の薬との相互作用(飲み合わせに注意する薬)が少なく、一般的には副作用も少ないとされている
  • 細粒剤もあり、嚥下能力の低下した患者などへのメリットが考えられる

リポバス

  • スタンダードスタチンに属する薬剤(シンバスタチン製剤)
  • 抗真菌薬(薬剤例:イトラコナゾール)などとの飲み合わせに注意する

クレストール

  • ストロングスタチンに属する薬剤(ロスバスタチン製剤)
  • OD錠(口腔内崩壊錠)があり、嚥下機能の低下した患者などへのメリットが考えられる

リバロ

  • ストロングスタチンに属する薬剤(ピタバスタチン製剤)
  • OD錠(口腔内崩壊錠)があり、嚥下機能の低下した患者などへのメリットが考えられる

リピトール

  • ストロングスタチンに属する薬剤(アトルバスタチン製剤)
  • 本剤の成分(アトルバスタチン)とCa拮抗薬(アムロジピン)との配合剤(カデュエット配合錠など)がある

薬の種類一覧

スタチン系薬の医療用医薬品(処方薬)

内用薬:散剤

内用薬:錠剤

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:457
  2. 抗菌薬関連下痢症の再発を防ぐ抗体医薬が登場 トレンド◎C. difficile産生トキシンBを捕捉して腸傷害を回避 FBシェア数:8
  3. 49歳男性。進行性の高次脳機能障害 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  4. 比較読影はなぜ重要なのか? 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:0
  5. 心筋梗塞の25%は胸痛なしと知ってはいたが… 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:21
  6. 成長期のアスリートに多いスポーツ貧血って? あなたの知らないスポーツ内科の世界 FBシェア数:47
  7. 「雪かきして、だるい」も危険なサイン Cadetto Special●冬の救急 FBシェア数:3
  8. インフルエンザ脳症で1歳児が死亡、今シーズン初め… インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:189
  9. 「入院難民」「在宅難民」が深刻な社会問題に 特集◎「2040年問題」で日本の医療はここまで変わる《3》 FBシェア数:121
  10. 医師の時短に向け直ちに実施すべき事項を明示 「医師の働き方改革に関する検討会」が緊急取り組み案と中間論点整理 FBシェア数:7
医師と医学研究者におすすめの英文校正