日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

尿アルカリ化薬解説

にょうあるかりかやく

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 酸性に傾いている尿や体液をアルカリ性にし、高尿酸血症における酸性尿や尿路結石などを改善する薬
    • 高尿酸血症は血液中の尿酸濃度が高い状態で、尿の通り道に結石(尿路結石)ができやすくなる
    • 尿酸が多いと酸性に傾き尿酸が溶けにくいため、結晶になりやすく尿路結石もできやすくなる
    • 本剤は尿や体液をアルカリ性にする作用をもち、尿路結石をできにくくする
  • アシドーシス(血液が過度に酸性に傾いている状態)を改善する目的で使用する場合もある

詳しい薬理作用

高尿酸血症では血液中の尿酸の濃度が高い状態にあり、尿道や膀胱などの尿の通り道に石のようなものができやすくなり、これを尿路結石とよぶ。尿酸が多い状態では尿が酸性に傾き、酸性に傾くほど尿酸が溶けにくくなり、結晶になりやすくその分だけ尿路結石ができやすくなる。反対に尿がアルカリ性に傾けば、尿酸が結晶になりにくくなり、尿酸結石もできにくくなる。

本剤は尿や体液をアルカリ性にする作用をもち、尿路結石による症状などを改善する作用をあらわす。また、体液をアルカリ性にする作用によってアシドーシス(血液が過度に酸性に傾き、吐き気、疲労感などの症状があらわれやすくなる状態)の改善の目的でも使用する場合がある。

主な副作用や注意点

  • 消化器症状
    • 胃部不快感、下痢、食欲不振、吐き気などの症状があらわれる場合がある
  • 皮膚症状
    • 非常に稀だが、発疹や痒みなどの症状があらわれる場合がある
  • 高カリウム血症
    • 頻度は非常に稀である
    • 徐脈、倦怠感、脱力感などの症状がみられる場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する

一般的な商品とその特徴

ウラリット

  • 錠剤と散剤があり、服薬状況などに合わせた選択が可能
  • ウラリットU配合散(散剤)の味と服用に関して
    • クエン酸を含むため散剤は特に「すっぱい」「しょっぱい」などの味を感じることがある
    • そのままで服用しにくい場合はコップ1杯程度の水やお茶などに溶かして服用する(溶かした場合は溶かした当日内に服用する)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:294
  2. 2018年度ダブル改定の“真の主役”は「看取り」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:13
  3. 66歳女性。意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  4. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:257
  5. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  6. カフェイン中毒――侮ってはいけない市販薬 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:4
  7. 政策誘導の「はしご」は外されるのが当たり前? 記者の眼 FBシェア数:39
  8. 安定狭心症へのPCI、症状改善に有意差認めず 循環器・糖尿病診療のNew Stage◎LECTURE FBシェア数:0
  9. 若年男性に生じた発熱と多関節痛、何を疑う? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  10. インフルエンザウイルスの抗原変異は予測可能 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《Interview》 FBシェア数:3