日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

整腸剤解説

せいちょうざい

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 腸内環境を整えることで下痢、便秘、腹部膨満などの消化器症状を改善する薬
    • 腸内には多くの細菌がいてその集団が何らかの原因で異常をきたすと下痢や便秘などの症状があらわれる場合がある
    • 本剤は乳酸菌などを含む製剤で腸内細菌の環境を整える作用をあらわす
  • 本剤の中には抗菌薬投与時に使用される製剤(抗菌薬耐性乳酸菌製剤など)もある

詳しい薬理作用

腸内にはたくさんの細菌(腸内細菌)が存在しその集団を腸内菌叢(ちょうないきんそう)といってこれが何らかの原因により異常をきたすと下痢や便秘などの消化器症状があらわれる場合がある。

本剤は乳酸菌、ビフィズス菌、酪酸菌などをそれぞれ主成分とする製剤であり、腸内にこれらの菌を補うことで腸内細菌の環境を整えることで腸内菌叢の異常による消化器症状を改善する作用をあらわす。

また本剤の中にはいくつかの種類に属する抗菌薬投与時における腸内菌叢異常に対して使用できるように抗菌薬に耐性を備えた製剤もあり、用途などに合わせて選択される場合もある。

主な副作用や注意点

  • 整腸剤の成分と効果に関して
    • 製剤によって乳酸菌、ビフィズス菌、酪酸菌など含む菌が異なる場合があり、その効果には個人差がある

一般的な商品とその特徴

ビオフェルミン

  • ビオフェルミン配合散は乳酸菌(ラクトミン)と糖化菌(乳酸菌の増殖を補助)を含む製剤
  • ビオフェルミン錠剤はビフィズス菌を含む製剤
  • ビオフェルミンR(R散、R錠)に関して
    • いくつかの抗菌薬に耐性をもつ耐性乳酸菌製剤

ラックビー

  • ラックビー微粒N、ラックビー錠はビフィズス菌を含む製剤
  • ラックビーR散はいくつかの抗菌薬に耐性をもつ耐性乳酸菌製剤

ミヤBM

  • 錠剤と細粒剤があり、用途などに合わせて選択が可能
  • 芽胞(耐久性が高い細胞構造)を形成する酪酸菌を含み、腸へ生きたまま到達しやすいとされる
  • 抗菌薬投与後に増加する悪玉菌に対してその増殖を抑える作用をもつとされる

ビオスミン

  • ビフィズス菌と乳酸菌(ラクトミン)を配合した製剤

ビオラクチス

  • カゼイ菌(乳酸菌の一種で生きたまま腸へ到達しやすいとされる)を含む製剤
  • 本剤は冷所で保存する

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. FFR-CTの導入で冠動脈造影が減り医療費も削減 学会トピック◎第82回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:98
  2. 一過性神経症状も適応 失神は撮像の必要なし 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:35
  3. 毛細血管まで鮮明、「8K腹腔鏡」手術の実力 リポート【動画付き】◎高精細な映像は手術をどう変える? FBシェア数:58
  4. 話題の総合診療専門医、初年度184人ってどう? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-6》 FBシェア数:17
  5. OD錠のODって何の略? クスリの名前 探検隊 FBシェア数:39
  6. 他の裁判より難しい医療訴訟、1点を除いては… 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:25
  7. 認定内科医はどうなる?内科専門医になれる? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-3》 FBシェア数:57
  8. 名古屋市内で医療事務の従事者が麻疹発症 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:41
  9. 指導医に教育してもらっても満足できない人へ イケてる指導医が研修医に伝えたいこと FBシェア数:70
  10. 複数の専門医になるダブルボードは現実的? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-4》 FBシェア数:34
医師と医学研究者におすすめの英文校正