日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

ポリアクリル樹脂経口薬(過敏性腸症候群治療薬)解説

ぽりあくりるじゅしけいこうやく(かびんせいちょうしょうこうぐんちりょうやく)

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 消化管内で水分を吸収し、消化管の内容物の動きを調節することで下痢や便秘などの症状を改善する薬
    • 過敏性腸症候群は下痢、便秘、腹痛などが続き、ストレスなどによっても悪化する現代病の一つである
    • ポリアクリル樹脂という物質は水分を吸収し容積を大きくする性質をもつ
    • 本剤はポリアクリル樹脂の経口薬であり、下痢時には余分な水分を吸収し、容積が大きくなることで便秘時には排便を促す
  • 本剤の服用は十分量(約200ml)の水とともに服用する

詳しい薬理作用

過敏性腸症候群(IBS)はお腹の不快感や便秘、下痢などが続く状態で、腹痛などは排便によって軽快するのが特徴的である。ライフスタイルと関連があることが多く、ストレスなどによっても悪化することがある。過敏性腸症候群は便形状などによって便秘型、下痢型、便秘型と下痢型の両方の特徴を併せ持つ混合型、分類不能型に分かれる。

本剤はポリアクリル樹脂の経口薬であり、消化管内で水分を吸収することで下痢の症状を改善し、水分吸収により容積を大きくすることで腸内を刺激することにより排便を促し便秘の症状を改善する作用をあらわす。

なお、本剤は水分を吸収し膨張する性質から服用後、喉や食道を塞いでしまう可能性があるため、十分な量(約200ml)の水で服用する。

主な副作用や注意点

  • 消化器症状
    • 吐き気、口乾、腹部膨満感などの症状があらわれる場合がある
  • テトラサイクリン系抗菌薬やキノロン系抗菌薬との飲み合わせに関する注意
    • 本剤に含まれるカルシウムイオンが上記の抗菌薬の吸収を阻害し、抗菌薬の作用が減弱する可能性がある
  • 本剤を服用する際の注意
    • 本剤の膨張する性質により服用後に喉でつかえた場合、喉や食道を塞ぐ可能性がある
    • 上記を防ぐために、本剤は十分な量(約200ml)の水とともに服用する

一般的な商品とその特徴

コロネル ポリフル

  • 剤形に錠剤と細粒剤があり、服薬状況などに合わせた選択が可能

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. エリートサラリーマンが子どもに私立医学部を勧める… 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:28
  2. 主訴「僕、麻疹かもしれない」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:88
  3. 某球団の熱烈ファンを狙った医師採用戦略 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:121
  4. 「オギノ式」を生んだ荻野久作夫妻の絆 病と歴史への招待 FBシェア数:3
  5. OSA患者のCPAP使用は性生活の質を改善する JAMA Otolaryngol Head Neck Surg誌から FBシェア数:10
  6. 探してます。自然な理由を 病院珍百景 FBシェア数:15
  7. 高齢者の結核に要注意、フレイルは治療のリスク 学会トピック◎第60回日本老年医学会学術集会 FBシェア数:39
  8. 麻疹で困っている、知りたい、気になることは? ソーシャルネットワークでAMRに挑む FBシェア数:13
  9. ムコイド型耐性肺炎球菌に新たな耐性菌が 学会トピック◎第92回日本感染症学会・第66回日本化学療法学会 FBシェア数:20
  10. どうして今さら訪問看護!? ぐるぐる訪問看護 FBシェア数:42
医師と医学研究者におすすめの英文校正