日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

鎮咳・去痰薬解説

ちんがいきょたんやく

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 咳を抑え、痰を吐き出しやすくするなどにより気管支炎などによる呼吸器症状を和らげる薬
    • 咳はウイルスなどの異物や異物をからめとった痰を体外に排出しやすくなる生体防御反応
    • 咳によって体力の消耗、不眠など体への負担が増す場合もある
    • 本剤は咳を抑える鎮咳作用と痰を排出しやすくする去痰作用をあらわす

詳しい薬理作用

咳は肺などを守るために外から入ってきたほこり、ウイルスなどの異物を気道から追い出す防御反応であり、これら異物を感知し脳の咳中枢に刺激が伝わることで呼吸をおこす筋肉に指令が送られ咳が起こる。

気道にある粘液はウイルスや細菌をからめとり痰となるが、この痰は気道粘膜にある細かい毛(線毛)の運動と咳によって体外に排出される。

この様に咳は生体防御反応として重要であるが、一方で咳によって体力の消耗や不眠などをおこしたり、慢性的に咳が続くことで咳喘息などがおこる場合もある。

本剤は咳を鎮める鎮咳作用と痰の粘液溶解作用などにより痰を排出しやすくする去痰作用を合わせもち、気管支炎などによる呼吸器症状を緩和する作用をあらわす。尚、本剤の中には生薬成分を含有する薬剤もあり、薬剤毎それぞれの作用により鎮咳及び去痰作用をあらわす。

主な副作用や注意点

  • 消化器症状
    • 食欲不振、吐き気、下痢などがあらわれる可能性がある

一般的な商品とその特徴

レスプレン

  • 主な作用に関して
    • 咳の中枢へ作用し咳中枢の興奮を抑えることで鎮咳作用をあらわす
    • 気道分泌液増加作用と粘液溶解作用などにより痰を排出しやすくする

アスベリン

  • 主な作用に関して
    • 咳の中枢を抑制することで鎮咳作用をあらわす
    • 気道粘膜にある線毛の運動を亢進させることで去痰作用をあらわす
  • 錠剤、散剤、ドライシロップ剤、シロップ剤とあり、用途などに合わせて選択が可能

ブロチン液 サリパラ液

  • 生薬の桜皮(オウヒ)エキス製剤
    • 気管支の蠕動運動を促進作用や気道粘膜の分泌を高め、痰をうすめる作用をあらわすとされる
  • 本剤にコデインを配合した製剤(濃厚ブロチンコデイン配合シロップ、サリパラ・コデイン液)がある

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:646
  2. 神になりたかった男 徳田虎雄 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:257
  3. 順調に進んでいた承継話が破談になったわけ その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:0
  4. 大学病院の医師には専門業務型裁量労働制を シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:58
  5. 「ホワイト」認定を受けた病院の狙いと成果 記者の眼 FBシェア数:0
  6. 11県で総合診療科研修プログラムの応募ゼロ 新専門医制度、初年度専攻医の一次登録を締め切る FBシェア数:230
  7. 心房細動の電気的除細動後に脳梗塞発症 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:152
  8. 厚労省に翻弄され続けた化血研、事業譲渡へ ニュース追跡◎化血研事件の顛末 FBシェア数:7
  9. 笛を吹かれる前に考えるべきことがあるだろう? 森井大一の「医療と経済と行政の交差点」 FBシェア数:6
  10. 眠れない患者さんにあげたいもの 病院珍百景 FBシェア数:6
医師と医学研究者におすすめの英文校正