日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

微小管阻害薬(ビンカアルカロイド系)解説

びしょうかんそがいやく(びんかあるかろいどけい)

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 細胞分裂に重要な役割を果たす微小管に作用し、分裂を途中で停止させ抗腫瘍効果をあらわす薬
    • がん細胞は無秩序に増殖を繰り返したり転移を行うことで、正常な細胞を障害し組織を壊す
    • 細胞増殖は細胞の分裂によりおこり、細胞分裂に重要な役割を果たす微小管という物質がある
    • 本剤は微小管の構成タンパクに作用し、細胞周期を分裂の途中で停止させる作用をあらわす

詳しい薬理作用

がん細胞は無秩序に増殖を繰り返し、正常な細胞を障害したり、転移を行うことで本来がんのかたまりがない組織でも増殖する。

細胞増殖は細胞の分裂によっておこるが、細胞分裂において重要な役割を果たす微小管という物質がある。細胞分裂のためには染色体の正確な分配が必要となり、微小管から形成される紡錘体というものがその役割を果たす。

本剤は細胞分裂で重要な役割を果たす紡錘体を形成している微小管のチュブリンというタンパク質に作用することで、細胞周期を分裂の途中で停止させ抗腫瘍効果をあらわす殺細胞性抗がん薬(細胞障害性抗がん剤)となる。

本剤はニチニチソウ(旧学名:Vinca rosea)という植物成分を元に造られた薬で、旧学名を由来とするビンカアルカロイド系という種類に分類される。

主な副作用や注意点

  • 末梢神経障害
    • 運動性ニューロパチー(筋麻痺、運動失調など)、感覚性ニューロパチー(知覚異常、しびれ、神経痛など)、自律神経系ニューロパチー(起立性低血圧など)、脳神経障害(めまい、味覚異常など)などがあらわれる場合がある
  • 皮膚症状
    • 脱毛、発疹などがあらわれる場合がある
  • 消化器症状
    • 吐き気・嘔吐、腹痛、食欲不振、便秘、口内炎などがあらわれる場合がある
  • 麻痺性イレウス
    • 著しい便秘、腹痛、吐き気・嘔吐などがみられ症状が続く場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する
  • 骨髄抑制
    • 汎血球減少、白血球減少、血小板減少などがあらわれる場合がある
    • 上記の副作用などに伴い、敗血症、肺炎などの重篤な感染症があらわれる場合がある
    • 突然の高熱、食欲不振、喉の痛み、手足に点状出血、あおあざができやすい、出血しやすいなどがみられた場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する

一般的な商品とその特徴

オンコビン

  • ビンクリスチン製剤
  • 白血病、悪性リンパ腫、小児がん(神経芽腫、ウイルムス腫瘍、横紋筋肉腫など)、多発性骨髄腫(VAD療法)などで使用する

ナベルビン ロゼウス

  • ビノレルビン製剤
    • ビンカアルカロイド系の薬剤の中でも、肺組織への薬剤の移行が良いとされる
    • ビンカアルカロイド系の薬剤の中でも、神経系に対しての毒性が比較的弱いとされる
  • 非小細胞肺がん、手術不能もしくは再発乳がんで使用する

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:294
  2. 2018年度ダブル改定の“真の主役”は「看取り」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:13
  3. 66歳女性。意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  4. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:257
  5. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  6. カフェイン中毒――侮ってはいけない市販薬 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:4
  7. 政策誘導の「はしご」は外されるのが当たり前? 記者の眼 FBシェア数:39
  8. 安定狭心症へのPCI、症状改善に有意差認めず 循環器・糖尿病診療のNew Stage◎LECTURE FBシェア数:0
  9. 若年男性に生じた発熱と多関節痛、何を疑う? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  10. インフルエンザウイルスの抗原変異は予測可能 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《Interview》 FBシェア数:3