日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

抗ヒスタミン薬(内服薬・注射剤)解説

こうひすたみんやく

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 抗ヒスタミン作用によりアレルギー反応を抑え蕁麻疹、花粉症、喘息などによる皮膚の腫れや痒み、鼻づまり、咳などの症状を改善する薬
    • 蕁麻疹、皮膚炎、アレルギー性鼻炎、喘息などでは何らかの原因によって体内でアレルギー反応が起こり症状があらわれる
    • 体内のアレルギー反応を引き起こす物質にヒスタミンがある
    • 本剤は抗ヒスタミン作用により、アレルギー反応を抑える
  • 抗ヒスタミン作用に加え、他の作用によってもアレルギー反応を抑える薬剤もある

詳しい薬理作用

蕁麻疹、皮膚炎、アレルギー性鼻炎、喘息などでは食物や花粉、ハウスダストなど何らかの原因により体内のアレルギーを引き起こす物質が放出されることで症状があらわれる。

体内のアレルギーを引き起こす物質の一つにヒスタミンがあり、H1受容体(ヒスタミンH1受容体)というものに作用することでアレルギーの諸症状を引き起こす。

本剤はH1受容体の阻害作用によりヒスタミンの作用を阻害(抗ヒスタミン作用)し、蕁麻疹、皮膚炎、アレルギー性鼻炎、喘息などの症状を改善する。

本剤の中には抗ヒスタミン作用の他にアレルギー症状を抑える別の作用を合わせもつ薬剤もある。また本剤は、各薬剤やその剤形などによって使用する疾患が異なる場合がある。

主な副作用や注意点

  • 眠気
    • 抗ヒスタミン作用により脳の活動が抑えられ眠気があらわれる場合がある
    • 薬剤によっても眠気の頻度や度合いは異なるので個々の生活に適した薬剤の選択が重要となる
  • 消化器症状
    • 口渇、吐き気などがあらわれる場合がある
  • 痙攣誘発に関しての注意
    • 本剤中の全ての薬剤でおこるわけではなく、当てはまる一部の薬剤においても頻度は非常に稀である
    • 顔や手足の筋肉がぴくつく、一時的にボーっとして意識が薄れるなどの症状がみられる場合がある
    • 上記のような症状がみられる場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する

一般的な商品とその特徴

アレジオン

  • 通常、1日1回の服用で1日効果が持続する
  • 錠剤、ドライシロップ剤があり用途などによって選択が可能
  • 気管支喘息などに使用する場合もある

アレグラ

  • 他の同系統の薬剤に比べ、一般的に眠気の副作用が少ない
    • 高所での作業や自動車の運転などでの危険性が少ない
  • OD錠、ドライシロップ剤もあり用途などによって選択が可能
  • 本剤の成分(フェキソフェナジン)と交感神経興奮薬(塩酸プソイドエフェドリン)の配合剤(ディレグラ配合錠)がある

アレロック

  • OD錠、顆粒剤もあり用途などによって選択が可能
  • 本剤の成分を用いた点眼薬(パタノール点眼液)がある

レスタミン

  • 本剤の成分(ジフェンヒドラミン)は抗アレルギー目的以外でも広く使用されている
    • 本剤の成分を含む鎮暈薬(ちんうんやく:めまいなどを改善する薬)がある
    • 本剤の成分の副作用の眠気を利用した市販の睡眠補助薬(商品名:ドリエル など)がある
  • 抗がん剤などによるアレルギー反応を抑える目的で使用(前投与)する場合もある

ポララミン

  • 胎児への影響が少ないとされ妊婦へも比較的安全に使用できるとされる
  • 錠剤、散剤、ドライシロップ剤、シロップ剤、注射剤と剤形が多種類存在し用途などによって選択が可能
  • 本剤の成分とステロイドの配合剤(セレスタミン配合錠、セレスタミン配合シロップなど)がある
  • 抗がん剤などによるアレルギー反応を抑える目的で使用(前投与)する場合もある

クラリチン

  • 他の同系統の薬剤に比べ、一般的に眠気の副作用が少ない
  • 通常、1日1回の服用で1日効果が持続する
  • 錠剤の他、レディタブ錠(口腔内崩壊錠)、ドライシロップ剤があり用途などに合わせて選択が可能

デザレックス

  • 通常、1日1回の服用で1日効果が持続し、食事の有無に関係なく服用できる
  • 本剤の成分(デスロラタジン)に関して
    • ロラタジン(クラチリンなどの成分)の主要活性代謝物
    • アレルギー性鼻炎、蕁麻疹などに対して効果が期待できる

ビラノア

  • 通常、1日1回の服用により、速やかに効果を発現しその効果が1日持続する
    • 通常「空腹時」に服用する(食後に服用した場合、空腹時に比べて薬の吸収が低下する可能性がある)
    • アレルギー性鼻炎、蕁麻疹などに対して効果が期待できる

ルパフィン

  • 通常、1日1回服用する
  • 抗ヒスタミン作用(ヒスタミンH1受容体拮抗)と血小板活性化因子(PAF)受容体拮抗作用をあらわす
    • PAFは血管拡張や血管透過性の亢進などを誘導させ鼻閉や紅斑などを引き起こす因子とされる
    • 本剤の成分(ルパタジン)の一部はデスロラタジン(デザレックスの成分)に代謝され、この代謝物自体も抗ヒスタミン作用をあらわす

薬の種類一覧

抗ヒスタミン薬(内服薬・注射剤)の医療用医薬品(処方薬)

注射薬:液剤

内用薬:カプセル剤

内用薬:液剤

内用薬:散剤

内用薬:錠剤

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 2018年度ダブル改定で「看取り」の解釈が拡大 記者の眼 FBシェア数:192
  2. 「2025年」大予測! 医療改革は成功?失敗? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:2
  3. 神になりたかった男 徳田虎雄 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:224
  4. 民間の医療保険? そんなの入る必要ありません Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:18
  5. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:1
  6. 主訴<腰痛>での救急搬送で見逃せない疾患は? 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:16
  7. 他界した弟に導かれて医師の道へ 人物ルポ■奄美群島の産婦人科医療に挑む小田切幸平氏 FBシェア数:113
  8. 外傷性気胸に胸腔ドレナージは要らない? Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:80
  9. 胸部や腹部のCT検査が腎切除術を増やす JAMA Intern Med誌から FBシェア数:72
  10. レビー小体型認知症の診断、改訂ポイントは? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:59
医師と医学研究者におすすめの英文校正