日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

カリウム保持性利尿薬解説

かりうむほじせいりにょうやく

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 尿として体内の過剰な水分などを排出し、むくみや血圧などを改善する薬
    • 腎臓における尿細管という場所では尿から血管へ水分などの吸収(再吸収)が行われる
    • 本剤は尿から血管への水分吸収などを阻害し、尿量を増やして体内のむくみを減らし血圧などを改善する作用をあらわす
    • 本剤は体内からカリウムイオンが排泄されるのを抑える作用もあらわす
  • 他の種類の利尿薬(ループ利尿薬 など)との併用される場合もある
    • 他の利尿薬によるカリウム排泄を抑えることで、体のつりやこむら返りなどを抑える効果も期待できる
  • 心性浮腫、腎性浮腫の他、薬剤によっては栄養失調性の浮腫などにも使用する

詳しい薬理作用

体のむくみ(浮腫)の原因の一つに体内の過剰な水分がある。体内の水分量が増えると血液の量にも影響し、血圧などが悪化する場合がある。

副腎皮質ホルモンのひとつであるアルドステロンは体内でナトリウムや水分の調整に関わり、血圧などにも深く関わる物質となる。アルドステロンは腎臓の尿細管(遠位尿細管)という場所で、尿中のナトリウムイオンや水分を血液中へ戻す働き(再吸収)を促進させる。

尿細管におけるアルドステロンの作用を抑えるとナトリウムイオンと水分の再吸収が抑えられ、結果的に尿としてナトリウムイオンと水分を排泄させる。またカリウムイオンの排泄を抑える作用もあらわす。水分排泄の促進により体内の水の量が減り、むくみや血圧などが改善する。

カリウム保持性利尿薬はアルドステロンなどの水分の再吸収などに作用して、尿として水分を排泄し、カリウムイオンの排泄を抑え、むくみや血圧などを改善する作用をあらわす。

本剤の中で、スピロノラクトン(主な商品名:アルダクトンA)は抗アルドステロン作用により利尿作用などをあらわす(そのため、抗アルドステロン薬とも呼ばれる)。また、トリアムテレン(商品名:トリテレン)はアルドステロンへの拮抗作用と尿細管への直接作用により、その効果をあらわすとされる。

主な副作用や注意点

  • 電解質異常
    • 高カリウム血症などの電解質異常があらわれる場合がある
    • 脱力感、不整脈、吐き気、嘔吐などがみられる場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する
  • 消化器症状
    • 吐き気、食欲不振、口渇、下痢、便秘などがあらわれる場合がある
  • 急性腎障害
    • 頻度は非常に稀である
    • 尿量が少なくなる、ほとんど尿が出ない、発疹、むくみ、体のだるさなどの症状がみられる場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する
  • 精神神経系症状
    • めまい、頭痛などの症状があらわれる場合がある

一般的な商品とその特徴

アルダクトンA

  • スピロノラクトン製剤
    • 錠剤の他、細粒剤があり嚥下能力が低下している患者などへのメリットも考えられる
  • 原発性アルドステロン症の診断や治療にも使用される
  • 悪性腫瘍に伴う浮腫や栄養失調性の浮腫などにも使用される
  • 頻度は稀だが、女性化乳房などの内分泌症状があらわれる場合があり注意が必要

トリテレン

  • トリアムテレン製剤
  • 葉酸拮抗作用があり、葉酸欠乏の可能性がある患者への使用は特に注意する

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 37歳男性の後頸部痛、見逃しNGの疾患は? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:0
  2. 東京医大の裏口入学贈収賄事件で憂うべきこと 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:226
  3. 熊本大、浜松医大の志願者が4割減少した理由 記者リポート FBシェア数:95
  4. 癒し系ドクターの裏の顔 病院珍百景 FBシェア数:56
  5. <胸痛>後に持続する心窩部圧迫感をどう診る? 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:41
  6. お金が増える人は「国が用意した裏道」を歩く Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:49
  7. 専門医機構の内部資料が流出 ニュース追跡◎新専門医制度の持続のために必要なことは何だ? FBシェア数:255
  8. 職員の腕にタトゥー、報告を受けた院長の狼狽 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:102
  9. 心不全=利尿薬はもう古い!? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:264
  10. 究極の問題? 患者の「死にたい」への対応法 Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:126
医師と医学研究者におすすめの英文校正