日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

αβ遮断薬解説

あるふぁべーたしゃだんやく

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • β1受容体遮断作用による心機能の抑制とα1受容体の遮断作用による血管拡張作用などにより、高血圧や狭心症などを改善する薬
    • 血圧を上げる要因に血管内の血液量の増加や血管収縮などがある
    • 心臓のβ1受容体というものを遮断すると心拍出量が抑えられ血管へ送られる血液量が減少する
    • α1受容体というものを遮断すると血管が拡張する
  • 高血圧や狭心症の他、頻脈性不整脈、慢性心不全などに使用する薬剤もある

詳しい薬理作用

血圧が上昇する要因に心拍出量の増加による血管内血液量の増加や血管の収縮などがある。

心臓において交感神経のβ1受容体というものが心臓の機能に関与している。β1受容体を遮断(阻害)すると心機能が抑えられ心臓の仕事量が減少することで、血液を送り出す量が減り、血管における血液量の減少による血圧低下がおこる。また心機能を抑えることで心拍数が低下する。

交感神経のα1受容体は血管収縮に関与し、α1受容体を遮断(阻害)すると血管収縮が抑えられることで、血管拡張作用をあらわす。

本剤はβ1受容体、α1受容体の遮断作用により、心臓の仕事量を抑え、血管を拡張させることで血圧を下げる作用をあらわす。また心拍数を抑えることで狭心症や頻脈性不整脈の症状を改善する薬剤もある。

本剤の中でも特にカルベジロール(商品名:アーチスト など)は虚血している心筋の保護作用や過酸化脂質(動脈硬化などの発症に関与する物質)の生成を抑える作用など多様な作用をもつとされ、慢性心不全などで使用する場合もある。

 

主な副作用や注意点

  • 精神神経系症状
    • めまい、眠気、頭痛などがあらわれる場合がある
  • 消化器症状
    • 吐き気、食欲不振などがあらわれる場合がある
  • 呼吸困難などに関する注意
    • 本剤は気管支収縮作用をあらわす場合があり、呼吸困難や喘鳴などがおこる可能性がある
    • 本剤の中には気管支喘息などの患者へ原則として使用できない薬剤もある

一般的な商品とその特徴

アーチスト

  • 高血圧、狭心症、頻脈性の心房細動、虚血性心疾患などによる慢性心不全などにも使用される
  • 虚血心筋の保護作用など多様な作用をもつとされる
  • 気管支喘息などの患者へは原則として使用しない

アロチノロール

  • 高血圧、狭心症、頻脈性不整脈の他、本態性振戦に使用する場合もある
  • 気管支喘息などの患者へは原則として使用しない

カルバン

  • 主に高血圧に使用する
  • 血管収縮を抑えるカルシウム拮抗作用ももつとされる
  • 気管支喘息などの患者へは慎重に使用する

薬の種類一覧

αβ遮断薬の医療用医薬品(処方薬)

内用薬:錠剤

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. レセプト査定される糖尿病処方、教えます 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:162
  2. 病像の変化で糖尿病腎症から糖尿病性腎臓病に 特集◎生活習慣病 7つの新常識《5》 FBシェア数:177
  3. 五輪でドーピング…主訴「薬を盛られた?」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:24
  4. 刃物を持ってくる患者の「予兆」を見逃さないで 院内暴力・セクハラSOS FBシェア数:119
  5. 外科医の寿命を延ばすロボット手術が保険適用に 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:166
  6. いつから、何を使って、どれくらい勉強する? 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:72
  7. 一過性の意識消失で救急搬送された80歳代女性 カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:0
  8. 肝臓癌で余命半年と宣告された認知症患者 短期集中連載◎重度の認知症患者を診るということ(3) FBシェア数:36
  9. 血糖管理は点から線へ、FGMで変動を調べよ 特集◎生活習慣病 7つの新常識《6》 FBシェア数:36
  10. 主な癌の5年生存率を国際比較 Lancet誌から FBシェア数:28
医師と医学研究者におすすめの英文校正