日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

分子標的薬(チロシンキナーゼ阻害薬〔EGFR-TKI〕)解説

ぶんしひょうてきやく(ちろしんきなーぜそがいやく)

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 上皮成長因子受容体(EGFR)チロシンキナーゼ活性を選択的に阻害することでがん細胞の増殖を抑制する薬
    • がん細胞は無秩序な増殖を繰り返したり転移を行うことで、正常な細胞を障害し組織を壊す
    • 非小細胞肺がんなどでは上皮成長因子が結合する受容体(EGFR)に変異がおき、細胞増殖の伝達因子となるチロシンキナーゼが常に活性化され、がん細胞が増殖を繰り返す
    • 本剤はEGFRチロシンキナーゼの活性を阻害することで、がん細胞の増殖を抑制する
  • 本剤はがん細胞の増殖などに関わる特定の分子の情報伝達を阻害することで抗腫瘍効果をあらわす分子標的薬となる

詳しい薬理作用

がん細胞は無秩序に増殖を繰り返し、正常な細胞を障害し転移を行うことで本来がんのかたまりがない組織でも増殖する。

細胞増殖のシグナル(信号)を伝達する上で重要となるチロシンキナーゼという酵素がある。皮膚の表面の細胞では上皮成長因子受容体(EGFR)というチロシンキナーゼ活性をもつ受容体に上皮成長因子が結合し、酵素活性がおこり伝達により細胞増殖がおこる。非小細胞肺がんなどのがんではこの受容体に変異がおこり常に活性化した状態になることで無秩序な細胞の増殖が行われる。

本剤はEGFRチロシンキナーゼを選択的に阻害し、がん細胞の増殖能を低下されることなどにより抗腫瘍効果をあらわす。また本剤の中にはがん細胞の自滅を誘導させる作用などをあらわす薬剤もある。

本剤はがん細胞の増殖などに関わる特定の分子の情報伝達を阻害することで抗腫瘍効果をあらわす分子標的薬となる。

本剤による治療で、問題となる一つに治療への抵抗性(耐性)がある。耐性が確認された症例の多くにT790M変異というEGFR遺伝子変異が存在することが確認されている。オシメルチニブ(商品名:タグリッソ)はそれまでのEGFR-TKIとは異なる構造(分子構造)を持つ薬剤で、ゲフィチニブなどのEGFR-TKIにおける治療に抵抗性を示すEGFR T790M変異があるEGFRチロシンキナーゼの活性を阻害する作用をあらわす。

主な副作用や注意点

  • 消化器症状
    • 下痢、口内炎、吐き気・嘔吐、食欲不振などがあらわれる場合がある
  • 皮膚症状
    • 発疹、痒み、爪の障害、皮膚乾燥などがあらわれる場合がある
  • 肝機能障害
    • 倦怠感、食欲不振、発熱、黄疸、発疹、吐き気などがみられ症状が続く場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する
  • 間質性肺炎
    • 少し無理をしたりすると息切れがする・息苦しくなる、空咳が出る、発熱などがみられ、これらの症状が急に出現したり続いたりする
    • 上記の様な症状がみられた場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する

一般的な商品とその特徴

イレッサ

  • がん細胞の自滅を誘導する作用や血管内皮増殖因子の産生抑制により腫瘍内での血管新生阻害作用などももつ
  • 胃酸が減少している場合、本剤の吸収が低下する可能性があり注意が必要

タルセバ

  • 細胞周期のG1期(DNA合成準備期)停止やがん細胞の自滅を誘導する作用をもつ
  • 非小細胞肺がんの他、治癒切除不能な膵がんへ使用する場合もある
  • 服用方法に関して
    • 通常、1日1回、食事の1時間以上前または食後2時間以降に服用する
    • 高脂肪、高カロリーの食事後に服用した場合、体内の薬物量が増加する場合がある

ジオトリフ

  • EGFR以外の受容体型チロシンキナーゼ(HER2 など)の活性を阻害する作用ももち、これらの作用によりがん細胞の増殖を抑制する
  • 服用方法に関して
    • 通常、1日1回、食事の1時間以上前または食後3時間以降に服用する(空腹時の服用)
  • 本剤を服用中における下痢に関する注意
    • 下痢は比較的高頻度であらわれるとされ、下痢止め(止瀉薬)を常に携帯するなど適切な対応を行う

タグリッソ

  • 既存の同系統薬における治療に抵抗性を示す遺伝子変異(EGFR T790M変異)に対して効果が期待できる薬剤

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:737
  3. 全身脱力の26歳男性の診断は? 徳田闘魂道場にようこそ〜国家試験と臨床との架け橋〜 FBシェア数:13
  4. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:37
  5. ガイドラインを引用する訴訟が急増しています 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:57
  6. 70歳代男性。残尿感 日経メディクイズ●腹部エコー FBシェア数:2
  7. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:106
  8. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:513
  9. 医局に入ったら生涯収入が減るものと覚悟せよ Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:161
  10. 特集「『説明したのに敗訴』のなぜ」が生まれたわけ 編集会議 on the Web FBシェア数:130