日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

レボドパ作用増強薬(パーキンソン病治療薬)解説

れぼどぱさようぞうきょうやく(ぱーきんそんびょうちりょうやく)

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • レボドパ合成促進作用により、脳内のドパミン作用を強め、パーキンソン病における手足の震えや筋肉こわばりなどを改善する薬
    • パーキンソン病は脳内のドパミンが不足しておこる
    • 脳内でレボドパはドパミンへ変化し作用をあらわす
    • 本剤は神経細胞でのレボドパの合成を促進する作用をあらわす
  • ドパミンを脳内で分解してしまう酵素(MAO-B)の働きを抑える作用もあるとされる

詳しい薬理作用

パーキンソン病では脳内のドパミンが不足することで手足の震えや筋肉のこわばりなどがおこる。

レボドパは脳内でドパミンへ変化しパーキンソン病へ効果をあらわす。神経細胞でのレボドパの合成を促進させれば脳内でのドパミン量を増やせる。

本剤は神経細胞でのレボドパの合成を促進する作用をあらわし、結果的に脳内でのドパミン量を増やすことで、パーキンソン病の症状を改善する。また本剤は脳内でドパミンを分解する酵素(MAO-B)の作用を抑えることで、ドパミンの作用の減弱を抑える作用をあらわす。

主な副作用や注意点

  • 精神神経系症状
    • 眠気、不随意運動、抑うつ、めまい、幻覚などがあらわれる場合がある
  • 悪性症候群
    • 頻度は稀である
    • 他の原因がなく高熱が出る、汗をかく、よだれが出る、脈が速くなるなどがみられる場合がある
    • 上記のような症状が同時に複数みられた場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する
  • 消化器症状
    • 食欲不振、吐き気、口渇、便秘などがあらわれる場合がある

一般的な商品とその特徴

トレリーフ

  • 本剤はレボドパ製剤と併用する
  • OD錠があり、嚥下能力の低下した患者などへのメリットが考えられる
  • 妊婦又は妊娠している可能性がある婦人へは使用してはならない

薬の種類一覧

レボドパ作用増強薬(パーキンソン病治療薬)の医療用医薬品(処方薬)

内用薬:錠剤

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 診療所の運動器リハ、意外だった査定の理由は? あのレセプトが削られたわけ FBシェア数:73
  2. 辛い食事で下痢するのは機能性腸疾患の証!? 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:28
  3. 結婚や恋愛にパワーと時間はなかなか使えない Cadetto Special●女性医師の婚活事情 FBシェア数:6
  4. 意外と世間から誤解されている「救急」 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:88
  5. 「結婚は?」と聞かれるのは苦手 Cadetto Special●女性医師の婚活事情 FBシェア数:12
  6. 関節リウマチの原因は腸内細菌の乱れ Unmet Medical Needs 2017 秋 FBシェア数:20
  7. 11時間も待たされて、処方は痛み止めだけ? マイルバガナム恵美の「日本とカナダの薬局見聞録」 FBシェア数:10
  8. 電解質の良書 医学書ソムリエ FBシェア数:40
  9. こんないい薬があったなんて…! 新井翔の「I love 在宅」 FBシェア数:26
  10. 健常者の肺はどのように映るのか? 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:11