日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

抗コリン薬(パーキンソン病治療薬)解説

こうこりんやく

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 抗コリン作用により、脳内のドパミン作用を強め、パーキンソン病における手足の震えなどの症状を改善する薬
    • 脳内の神経伝達物質のアセチルコリンはドパミンと拮抗し合う物質である
    • パーキンソン病では脳内のドパミンが不足しているため、アセチルコリンの作用が強くなっている
    • 本剤はアセチルコリンの働きを抑える作用(抗コリン作用)をあらわす
  • 抗精神病薬などによるパーキンソン症候群などにも使用する場合がある

詳しい薬理作用

パーキンソン病では脳内のドパミンが不足することで手足の震えや筋肉のこわばりなどがおこる。

脳内の神経伝達物質の一つアセチルコリンはドパミンと拮抗し合う物質である。一般的に、脳内のドパミン作用が弱くなっている状態ではアセチルコリンの作用が強くなっている。アセチルコリンの働きを抑える作用を抗コリン作用といって、この作用によってドパミンの作用を強めることができる。

本剤は抗コリン作用をあらわすことで脳内のドパミンの作用を強め、パーキンソン病や向精神薬投与によるパーキンソニズムなどの症状を改善する。

主な副作用や注意点

  • 消化器症状
    • 口渇、吐き気、食欲不振、便秘、口内炎などがあらわれる場合がある
    • 胃腸管に閉塞性疾患がある場合は慎重に投与する
  • 悪性症候群
    • 頻度は非常に稀である
    • 他の原因がなく高熱が出る、汗をかく、よだれが出る、脈が速くなるなどがみられる場合がある
    • 上記のような症状が同時に複数みられた場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する
  • 抗コリン作用による泌尿器や眼への影響
    • 排尿困難や尿閉といった症状が現れる場合がある
    • 眼の調節障害がおこる場合があるため、原則として緑内障の患者には使用しない

一般的な商品とその特徴

アキネトン タスモリン

  • 散剤があり、嚥下能力が低下した患者などへのメリットが考えられる

アーテン

  • 散剤があり、嚥下能力が低下した患者などへのメリットが考えられる

薬の種類一覧

抗コリン薬(パーキンソン病治療薬)の医療用医薬品(処方薬)

注射薬:液剤

内用薬:散剤

内用薬:錠剤

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 2018年度診療報酬改定に向けた基本方針案 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:57
  2. 相撲界の日馬富士騒動を医療界に例えたら…… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:27
  3. 失敗しやすい第2のポイントは針の進め方と深さ EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:11
  4. 叱られた時のヘコみ度 病院珍百景 FBシェア数:20
  5. TIAを見逃し後遺症 循環器科医の過失を認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:23
  6. 「かぜ診療の見直し」は日英共通の課題 特別対談 日英で進む薬剤耐性(AMR)対策 FBシェア数:217
  7. 政策誘導の「はしご」は外されるのが当たり前? 記者の眼 FBシェア数:24
  8. 服用中にチーズを食べない方がいい薬って? 医師のための薬の時間 FBシェア数:6
  9. たばこじゃなくて加熱式たばこなら大丈夫ですか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:133
  10. アラフォー医師に訪れる危機(クライシス) 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:79