日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

抗コリン薬(パーキンソン病治療薬)解説

こうこりんやく

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 抗コリン作用により、脳内のドパミン作用を強め、パーキンソン病における手足の震えなどの症状を改善する薬
    • 脳内の神経伝達物質のアセチルコリンはドパミンと拮抗し合う物質である
    • パーキンソン病では脳内のドパミンが不足しているため、アセチルコリンの作用が強くなっている
    • 本剤はアセチルコリンの働きを抑える作用(抗コリン作用)をあらわす
  • 抗精神病薬などによるパーキンソン症候群などにも使用する場合がある

詳しい薬理作用

パーキンソン病では脳内のドパミンが不足することで手足の震えや筋肉のこわばりなどがおこる。

脳内の神経伝達物質の一つアセチルコリンはドパミンと拮抗し合う物質である。一般的に、脳内のドパミン作用が弱くなっている状態ではアセチルコリンの作用が強くなっている。アセチルコリンの働きを抑える作用を抗コリン作用といって、この作用によってドパミンの作用を強めることができる。

本剤は抗コリン作用をあらわすことで脳内のドパミンの作用を強め、パーキンソン病や向精神薬投与によるパーキンソニズムなどの症状を改善する。

主な副作用や注意点

  • 消化器症状
    • 口渇、吐き気、食欲不振、便秘、口内炎などがあらわれる場合がある
    • 胃腸管に閉塞性疾患がある場合は慎重に投与する
  • 悪性症候群
    • 頻度は非常に稀である
    • 他の原因がなく高熱が出る、汗をかく、よだれが出る、脈が速くなるなどがみられる場合がある
    • 上記のような症状が同時に複数みられた場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する
  • 抗コリン作用による泌尿器や眼への影響
    • 排尿困難や尿閉といった症状が現れる場合がある
    • 眼の調節障害がおこる場合があるため、原則として緑内障の患者には使用しない

一般的な商品とその特徴

アキネトン タスモリン

  • 散剤があり、嚥下能力が低下した患者などへのメリットが考えられる

アーテン

  • 散剤があり、嚥下能力が低下した患者などへのメリットが考えられる

薬の種類一覧

抗コリン薬(パーキンソン病治療薬)の医療用医薬品(処方薬)

注射薬:液剤

内用薬:散剤

内用薬:錠剤

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. レセプト査定される糖尿病処方、教えます 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:162
  2. 病像の変化で糖尿病腎症から糖尿病性腎臓病に 特集◎生活習慣病 7つの新常識《5》 FBシェア数:177
  3. 五輪でドーピング…主訴「薬を盛られた?」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:24
  4. 刃物を持ってくる患者の「予兆」を見逃さないで 院内暴力・セクハラSOS FBシェア数:119
  5. 外科医の寿命を延ばすロボット手術が保険適用に 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:166
  6. いつから、何を使って、どれくらい勉強する? 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:72
  7. 一過性の意識消失で救急搬送された80歳代女性 カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:0
  8. 肝臓癌で余命半年と宣告された認知症患者 短期集中連載◎重度の認知症患者を診るということ(3) FBシェア数:36
  9. 血糖管理は点から線へ、FGMで変動を調べよ 特集◎生活習慣病 7つの新常識《6》 FBシェア数:36
  10. 主な癌の5年生存率を国際比較 Lancet誌から FBシェア数:28
医師と医学研究者におすすめの英文校正