日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

ドパミン作動薬(麦角系)解説

どぱみんさどうやく(ばっかくけい)

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 脳内でドパミンと同じ様な作用をあらわし、パーキンソン病における手足の震えや筋肉のこわばりなどを改善する薬
    • パーキンソン病は脳内のドパミンが不足しておこる
    • ドパミンは脳内のドパミン受容体を刺激してパーキンソン病の症状を改善する
    • 本剤は脳内のドパミン受容体を刺激し、パーキンソン病における手足の震えなどを改善する
  • 薬剤によっては、乳汁漏出症や末端肥大症(先端巨大症)などにも使用する

詳しい薬理作用

パーキンソン病では脳内のドパミンが不足することで手足の震えや筋肉のこわばりなどがおこる。

脳内でドパミンはドパミン受容体を刺激することでパーキンソン病の症状などを改善する作用をあらわす。ドパミンと同じ様にドパミン受容体を刺激することができればパーキンソン病の症状の改善が期待できる。

本剤は脳内のドパミン受容体(主にD2受容体)を刺激する作用により不足しているドパミンの作用を補うことで、パーキンソン病の症状を改善する。

ドパミンは乳汁分泌ホルモン(プロラクチン)や成長ホルモンの分泌を抑える作用ももっている。そのためドパミンと類似した作用をもつ本剤の中には、乳汁漏出症や末端肥大症(先端巨大症)などに使用する薬剤もある。

なお、受容体に結合し生体内物質と同様の細胞内情報伝達系を作動させる薬のことをアゴニスト(作動薬)と呼ぶことから、本剤は一般的にドパミンアゴニストやドパミン作動薬などという種類の薬に分類される。

主な副作用や注意点

  • 消化器症状
    • 吐き気、食欲不振、口渇、便秘などがあらわれる場合がある
  • 精神神経系症状
    • 幻覚、妄想、不眠、興奮などがあらわれる場合がある
  • 心臓弁膜症
    • 頻度は稀とされる
    • 動くと息が苦しい、疲れやすい、足がむくむなどの症状がみられる場合は放置せず、医師や薬剤師へ連絡する
  • 突発的睡眠、傾眠
    • 頻度は非常に稀であるが前兆のない突発性の眠気などが現れる場合がある
    • 服用中は自動車の運転など危険を伴う機械の操作は控える
  • 悪性症候群
    • 頻度は稀とされる
    • 他の原因がなく高熱が出る、汗をかく、ぼやっとする、話しづらい、よだれが出る、飲み込みにくい、脈が速くなる、呼吸数が増えるなどの症状がみられる場合がある
    • 上記のような症状が複数同時にみられた場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する

一般的な商品とその特徴

カバサール

  • 乳汁漏出症や高プロラクチン血性排卵障害などにも使用する
  • 薬の保管に関する注意
    • 光と湿気を避けて室温で保管する
    • 専用の保管袋があり、医療機関などから配布される場合もある

パーロデル

  • 末端肥大症、乳汁漏出症、高プロラクチン血性排卵障害などにも使用する

ペルマックス

  • 錠剤の眼などへの刺激性などに注意
    • 粉砕時に眼刺激、異臭などがあるので原則として粉砕は避ける
    • 服用直前に包装より取り出す

薬の種類一覧

ドパミン作動薬(麦角系)の医療用医薬品(処方薬)

内用薬:散剤

内用薬:錠剤

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 私、モンスターペイシェント? 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:94
  2. 見えにくい静脈への穿刺を助ける新兵器 リポート【動画付き】◎血管可視化装置の使い勝手は? FBシェア数:68
  3. 熊本大、浜松医大の志願者が4割減少した理由 記者リポート FBシェア数:108
  4. 見逃してはならないクモ膜下出血 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:2
  5. 麻酔科専門医の要件「単一施設に週3日以上勤務」へ フリーランス麻酔科医への影響は? 2019年から要件追加、2年の猶予 FBシェア数:189
  6. 東京医大の裏口入学贈収賄事件で憂うべきこと 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:315
  7. 「月1回訪問+オンライン」で在宅医療を効率化 特集◎2018年度診療・介護報酬改定のインパクト《4》 FBシェア数:26
  8. 肝細胞癌治療にパワーのある2次治療薬が加わる 日経メディカルOncologyリポート FBシェア数:29
  9. 冠静脈デバイスは冠虚血治療のラストリゾートか 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:30
  10. 聖路加病院長・福井氏「『医療の質』の議論が二の次… 学会トピック◎日本病院学会2018 FBシェア数:235
医師と医学研究者におすすめの英文校正