日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

注意欠陥・多動性障害(ADHD)治療薬解説

ちゅういけっかんたどうせいしょうがいちりょうやく

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 脳内の神経伝達機能を改善し、注意力の散漫や衝動的で落ち着きがないなどの症状を改善する薬
    • ADHDはドパミンやノルアドレナリンなどの脳内伝達物質の不足などによっておこるとされる
    • 本剤は脳内のドパミンあるいはノルアドレナリンの働きを強めたり、これらの神経伝達物質のシグナル伝達を改善する作用をあらわし、その作用の仕組みは薬剤によって異なる
  • 成長期の小児などは特に食欲減退の副作用に注意する

詳しい薬理作用

ADHD(注意欠陥・多動性障害)は脳内の神経伝達物質であるドパミンやノルアドレナリンが不足したり神経伝達の調節異常が生じることによって、注意力の散漫や衝動的で落ち着きのない行動などの症状があらわれるとされる。

脳内で一度放出された神経伝達物質が再び細胞内へ回収されることを「再取り込み」という。ドパミンあるいはノルアドレナリンの再取り込みを抑えることで、これらの神経伝達物質の働きを強めることが期待できる。

本剤の中で、メチルフェニデート(商品名:コンサータ®)は主にドパミン及びノルアドレナリンの再取り込みを抑えることで、アトモキセチン(商品名:ストラテラ®)は主にノルアドレナリンの再取り込みを抑えることで、脳内のこれらの神経伝達物質の働きを増強し、ADHDの症状を改善する。

またグアンファシン(商品名:インチュニブ®)は他の2剤とは作用の仕組みが異なり、α2Aアドレナリン受容体という部分に作用する薬となる。脳の前頭前皮質の錐体細胞の後シナプスに存在し、ノルアドレナリンの受容体であるα2A受容体を刺激することで、シグナル伝達を増強させる作用をあらわしADHDの症状を改善すると考えられている。(グアンファシンは非中枢刺激薬であり、前シナプスからのドパミンやノルアドレナリンの遊離促進作用や再取り込み阻害作用をあらわさないとされている)

主な副作用や注意点

  • 消化器症状
    • 食欲減退、吐き気、嘔吐、腹痛などの症状があらわれる場合がある
    • 特に食欲減退がみられる場合は1日の食事量や必要な栄養素などが減らないように注意する
  • 循環器症状
    • 動悸、血圧変動などがあらわれる場合がある
  • 神経精神系症状
    • 頭痛、めまい、不眠、傾眠、幻覚などの症状があらわれる場合がある
  • 散瞳による眼圧上昇(主にメチルフェニデートとアトモキセチン)
    • 頻度は稀だが眼圧上昇がおこる場合があるため緑内障の患者へは原則として使用しない

一般的な商品とその特徴

コンサータ

  • メチルフェニデート製剤
  • 主に脳内のドパミンとノルアドレナリンの働きを強める作用をあらわす
  • 1日1回の服用で約12時間効果が持続する
  • 寝つきが悪くなるなどの副作用があらわれることがあるので、原則として午後の服用は避ける

ストラテラ

  • アトモキセチン製剤
  • 主に脳内のノルアドレナリンの働きを強める作用をあらわす
  • 脳の覚醒が比較的少なくADHDの治療ができるメリットがある
  • 内用液剤があり、カプセル剤が飲みにくい患者などへのメリットが考えられる

インチュニブ

  • グアンファシン製剤
  • 主に脳内のノルアドレナリンの受容体であるα2A受容体を刺激し、シグナル伝達を改善する作用をあらわす

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:294
  2. 2018年度ダブル改定の“真の主役”は「看取り」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:13
  3. 66歳女性。意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  4. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:257
  5. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  6. カフェイン中毒――侮ってはいけない市販薬 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:4
  7. 政策誘導の「はしご」は外されるのが当たり前? 記者の眼 FBシェア数:39
  8. 安定狭心症へのPCI、症状改善に有意差認めず 循環器・糖尿病診療のNew Stage◎LECTURE FBシェア数:0
  9. 若年男性に生じた発熱と多関節痛、何を疑う? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  10. インフルエンザウイルスの抗原変異は予測可能 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《Interview》 FBシェア数:3