日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

注意欠陥・多動性障害(ADHD)治療薬解説

ちゅういけっかんたどうせいしょうがいちりょうやく

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 脳内の神経伝達機能を改善し、注意力の散漫や衝動的で落ち着きがないなどの症状を改善する薬
    • ADHDはドパミンやノルアドレナリンなどの脳内伝達物質の不足などによっておこるとされる
    • 本剤は脳内のドパミンあるいはノルアドレナリンの働きを強めたり、これらの神経伝達物質のシグナル伝達を改善する作用をあらわし、その作用の仕組みは薬剤によって異なる
  • 成長期の小児などは特に食欲減退の副作用に注意する

詳しい薬理作用

ADHD(注意欠陥・多動性障害)は脳内の神経伝達物質であるドパミンやノルアドレナリンが不足したり神経伝達の調節異常が生じることによって、注意力の散漫や衝動的で落ち着きのない行動などの症状があらわれるとされる。

脳内で一度放出された神経伝達物質が再び細胞内へ回収されることを「再取り込み」という。ドパミンあるいはノルアドレナリンの再取り込みを抑えることで、これらの神経伝達物質の働きを強めることが期待できる。

本剤の中で、メチルフェニデート(商品名:コンサータ®)は主にドパミン及びノルアドレナリンの再取り込みを抑えることで、アトモキセチン(商品名:ストラテラ®)は主にノルアドレナリンの再取り込みを抑えることで、脳内のこれらの神経伝達物質の働きを増強し、ADHDの症状を改善する。

グアンファシン(商品名:インチュニブ®)は他の2剤(メチルフェニデート及びアトモキセチン)とは作用の仕組みが異なり、α2Aアドレナリン受容体という部分に作用する薬となる。脳の前頭前皮質の錐体細胞の後シナプスに存在し、ノルアドレナリンの受容体であるα2A受容体を刺激することで、シグナル伝達を増強させる作用をあらわしADHDの症状を改善すると考えられている。(グアンファシンは非中枢刺激薬であり、前シナプスからのドパミンやノルアドレナリンの遊離促進作用や再取り込み阻害作用をあらわさないとされている)

主な副作用や注意点

  • 消化器症状
    • 食欲減退、吐き気、嘔吐、腹痛などの症状があらわれる場合がある
    • 特に食欲減退がみられる場合は1日の食事量や必要な栄養素などが減らないように注意する
  • 循環器症状
    • 動悸、血圧変動などがあらわれる場合がある
  • 神経精神系症状
    • 頭痛、めまい、不眠、傾眠、幻覚などの症状があらわれる場合がある
  • 散瞳による眼圧上昇(主にメチルフェニデートとアトモキセチン)
    • 頻度は稀だが眼圧上昇がおこる場合があるため緑内障の患者へは原則として使用しない

一般的な商品とその特徴

コンサータ

  • メチルフェニデート製剤
  • 主に脳内のドパミンとノルアドレナリンの働きを強める作用をあらわす
  • 1日1回の服用で約12時間効果が持続する
  • 寝つきが悪くなるなどの副作用があらわれることがあるので、原則として午後の服用は避ける

ストラテラ

  • アトモキセチン製剤
  • 主に脳内のノルアドレナリンの働きを強める作用をあらわす
  • 脳の覚醒が比較的少なくADHDの治療ができるメリットがある
  • 内用液剤があり、カプセル剤が飲みにくい患者などへのメリットが考えられる

インチュニブ

  • グアンファシン製剤
  • 主に脳内のノルアドレナリンの受容体であるα2A受容体を刺激し、シグナル伝達を改善する作用をあらわす

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 熊本大、浜松医大の志願者が4割減少した理由 記者リポート FBシェア数:108
  2. 東京医大の裏口入学贈収賄事件で憂うべきこと 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:309
  3. 癒し系ドクターの裏の顔 病院珍百景 FBシェア数:56
  4. なぜ薬剤師はコテンパンに言われてしまうのか 狭間研至の「Road to 薬剤師3.0」 FBシェア数:268
  5. 聖路加病院長・福井氏「『医療の質』の議論が二の次… 学会トピック◎日本病院学会2018 FBシェア数:180
  6. 愚痴がいっしょ!! 病院珍百景 FBシェア数:28
  7. 37歳男性の後頸部痛、見逃しNGの疾患は? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:0
  8. 「辞めたい」の裏側の気持ち キャリアお悩み相談室 FBシェア数:47
  9. お金が増える人は「国が用意した裏道」を歩く Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:52
  10. 「四国の真ん中」の病院に医師が続々集まる理由 記者リポート FBシェア数:293
医師と医学研究者におすすめの英文校正