日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

セロトニン作動性抗不安薬解説

せろとにんさどうせいこうふあんやく

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 脳内で感情などに関わるセロトニンに関わり、抗不安作用などによって心身症などの不安、抑うつ、睡眠障害などを和らげる薬
    • 心身症はストレスなどの心理的刺激により脳の視床下部の機能が乱れ、不安、抑うつ、睡眠障害など様々な症状を引き起こす
    • 脳で神経伝達物質のセロトニンが過剰に放出されると不安などを感じるようになる
    • 本剤は脳内のセロトニンが関わる過剰な神経活動などを改善し、抗不安作用をあらわす
  • 神経過敏状態での抑うつや恐怖なども和らげるとされる

詳しい薬理作用

心身症はストレスなどの心理的刺激を受け、これら自律神経系、内分泌系などの中枢である脳の視床下部の機能が乱れることで、不安、抑うつ状態、睡眠障害、頭痛、めまい、便秘など様々な症状を引き起こす。

脳において神経伝達物質のセロトニンは感情などに影響を与える物質で過剰に放出されると不安などを感じるようになる。セロトニンに関わる5-HT1Aという受容体はセロトニンの放出を抑える働きをもつ。

本剤は脳内で5-HT1A受容体に作用し、セロトニンの過剰放出や過剰な神経活動を抑えることで不安、抑うつ、睡眠障害などを和らげる作用をあらわす。また、神経過敏による抑うつや恐怖などを和らげる作用もあらわす。

主な副作用や注意点

  • 精神神経系症状
    • 眠気、めまい、ふらつき、頭痛などがあらわれる場合がある
  • 消化器症状
    • 吐き気、食欲不振、口渇、便秘などがあらわれる場合がある
  • 肝機能障害
    • 頻度は非常に稀である
    • 倦怠感、食欲不振、発熱、黄疸などがみられ症状が続く場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する

一般的な商品とその特徴

セディール

  • 一般的に筋弛緩作用や自発運動抑制作用などが少ないとされる

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. マッチング最終結果、市中病院人気が再び加速 【2017年度】フルマッチ校は11校、東京医科歯科大は5年連続 FBシェア数:174
  2. 「病院⇒介護医療院」の転換、10万床規模にも 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:39
  3. 国内初の『慢性便秘症診療GL』の特徴は? 学会トピック◎JDDW2017 FBシェア数:48
  4. 67歳女性。右大腿の単発性赤褐色斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  5. 地裁が「パワハラで解雇は無効」 群馬大医学系研究科教授の懲戒解雇処分 FBシェア数:5
  6. ベルソムラは就寝前に飲んじゃダメ!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:80
  7. 高齢でもピロリ除菌を行うべきもう1つの理由 リポート◎ピロリ除菌の目的は胃癌発症抑制と潰瘍予防だけじゃない! FBシェア数:47
  8. 「医療訴訟がとにかく怖いんです!」 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:15
  9. 事業譲渡を迫る厚労省に翻弄される化血研 記者の眼 FBシェア数:0
  10. キャラクターで抗菌薬を覚える!? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:44