日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

ベンゾジアゼピン系睡眠薬解説

べんぞじあぜぴんけいこうふあんやく

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 脳の活動を抑えることで眠りやすくし、睡眠障害などを改善する薬
    • 脳内で神経興奮に関わるベンゾジアゼピン受容体(BZD受容体)というものがある
    • 本剤によりBZD受容体が刺激されると、脳の興奮が抑えられ眠気などがあらわれる
  • 作用の持続時間によって主に以下の4タイプに分類される(作用時間の短い順に記載)
    • 超短時間作用型
    • 短時間作用型
    • 中間作用型
    • 長時間作用型
  • 薬剤によっては睡眠障害の他にけいれん発作の予防や麻酔前投与薬として使用される場合もある

詳しい薬理作用

睡眠障害(不眠)は睡眠になんらかの問題がある状態で、寝つきが悪い、途中で目が覚めるなどの様々なパターンがある。睡眠薬は脳の活動を抑制させることで、眠気などを誘発させて睡眠障害を改善する。

脳内に脳の神経伝達に関わるベンゾジアゼピン(BZD)受容体というものがある。BZD受容体が刺激されると、脳の活動が抑制され眠気などがあらわれる。

ベンゾジアゼピン系睡眠薬はBZD受容体に作用することでBZD受容体を刺激し、眠気などがあらわれることで睡眠障害を改善する。また、脳の活動を抑えることで抗不安作用や抗けいれん作用をあらわし、睡眠障害の他にけいれん発作の予防薬や麻酔前投与薬して使用される薬剤もある。

主な副作用や注意点

  • 精神神経系症状
    • ふらつき、頭痛、めまいなどがあらわれる場合がある
  • 一過性前向性健忘
    • 頻度は稀だが、入眠までの出来事や中途覚醒時の出来事を覚えていないなどの症状があらわれる場合がある
  • 翌朝以降へ眠気が残ることや注意力などの低下に関しての注意
    • 自動車の運転など危険を伴う機械の操作は控える
  • 飲酒に関しての注意
    • アルコール類の摂取により、薬の作用が過度に増強する場合があるので本剤を服用中は原則として控える

一般的な商品とその特徴

ハルシオン

  • 超短時間作用型に分類される
  • アルコール類の摂取に関して
    • 薬の作用が特に増強する場合があるので控える

レンドルミン

  • 短時間作用型に分類される
  • D錠があり、嚥下能力の低下した患者などへのメリットが考えられる

ベンザリン ネルボン

  • 中間作用型に分類される
  • ベンザリンは細粒剤、ネルボンは散剤があり、嚥下能力の低下した患者などへのメリットが考えられる
  • てんかんの治療や麻酔前投与の薬剤として使用する場合もある

サイレース ロヒプノール

  • 中間作用型に分類される
  • 海外では持ち込みが禁止されている国もある(例:米国)

ドラール

  • 長時間作用型に分類される
  • 食後すぐに服用すると薬の効果が過度に増強する場合がある

薬の種類一覧

ベンゾジアゼピン系睡眠薬の医療用医薬品(処方薬)

注射薬:液剤

内用薬:カプセル剤

内用薬:散剤

内用薬:錠剤

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 非医師がタトゥーを彫るのは医師法違反か 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:76
  2. 11県で総合診療科研修プログラムの応募ゼロ 新専門医制度、初年度専攻医の一次登録を締め切る FBシェア数:156
  3. 診療報酬改定は在宅の負担軽減、遠隔診療が焦点 特集◎かかりつけ医の未来《動向編3》 FBシェア数:4
  4. 油断して言うと必ず何かが起こるアノ言葉!! 病院珍百景 FBシェア数:14
  5. 酒を飲んで仕事!? 待機中の飲酒はアリなのか 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:190
  6. 胃潰瘍後のPPIはいつまで続ける? 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:4
  7. 「胃癌予防目的での小児のピロリ除菌療法は推奨しな… 日本小児栄養消化器肝臓学会がガイドライン草案を公開 FBシェア数:94
  8. 有名医学雑誌は編集者の利益相反対策が必要 BMJ誌から FBシェア数:10
  9. ここまで分かった! 2018診療報酬改定の中味 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:28
  10. 【漫画】手帳シールの拒否が招いたトラブル ガンバレ薬剤師 FBシェア数:43