日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

非ステロイド性抗炎症薬(点眼薬)解説

ひすてろいどせいこうえんしょうやく

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 炎症を引き起こすプロスタグランジンの生成を抑え、炎症や痛みを抑えて結膜炎や眼手術時などに使用する薬
    • 体内で炎症や痛みなどを引き起こす物質にプロスタグランジン(PG)がある
    • PGはシクロオキシゲナーゼ(COX)という酵素などにより生成される
    • 本剤はCOXを阻害しPG生成を抑えることで、抗炎症作用をあらわす
  • 症状や手術の前後(術後経過)などによって、1日の使用回数が異なってくる場合があるので医師の指示の下で適切に使用する

詳しい薬理作用

体内で炎症や痛みなどを引き起こす物質にプロスタグランジン(PG)がある。体内でPGはシクロオキシゲナーゼ(COX)という酵素の作用などで生成される。

非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)はCOXを阻害することでPGの生成を抑え、炎症や痛みなどを抑える作用をあらわす。

本剤はNSAIDsを主成分とする点眼用製剤であり、眼瞼炎、結膜炎、角膜炎などの炎症性眼疾患や白内障などの眼手術における炎症症状に対して使用される。

主な副作用や注意点

  • 眼など局所への副作用
    • 痒み、刺激感などの症状があらわれる場合がある

一般的な商品とその特徴

ジクロード

  • 主に白内障手術における炎症症状に対して使用する
  • 本剤は光を避けて10℃以下の冷所で保管する

ニフラン

  • 本剤の成分は市販の点眼薬(商品例:マイティアアイテクト など)にも使用されている

ブロナック

  • 通常、1日2回点眼する(同系統の点眼薬と比べて、1日の点眼回数が少なくて済む場合もある)

ネバナック

  • 主に内眼部手術における炎症症状に対して使用する
  • 薬液が懸濁しているため、使用前によく振り混ぜてから点眼する

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:128
  2. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  3. 62歳女性。下肢に多発する、浸潤を触れる紫斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  4. 意外と難しい運動誘発性喘息の診断 あなたの知らないスポーツ内科の世界 FBシェア数:35
  5. 卵アレルギーは「微量のゆで卵」で防ぐ リポート◎学会が提言、アトピー乳児は早期から卵摂取を FBシェア数:136
  6. 若年男性に生じた発熱と多関節痛、何を疑う? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  7. 外国人診療で増えつつある「母国の親戚」問題 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:27
  8. 鳥インフルエンザ(H7N9)のヒト化が進む 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《4》 FBシェア数:6
  9. カフェイン中毒――侮ってはいけない市販薬 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:1
  10. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:466