日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

オピオイド鎮痛薬(麻薬)解説

おぴおいどちんつうやく(まやく)

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 鎮痛作用などに関与するオピオイド受容体に作用することでより強い鎮痛作用をあらわす薬
    • 中枢神経や末梢神経にあるオピオイド受容体は鎮痛作用など多くの作用に関わる
    • オピオイド受容体の中でも、μ(ミュー)受容体は最も鎮痛作用に関わるとされる
    • 本剤はμなどの鎮痛作用に関わるオピオイド受容体に作用することで高い鎮痛効果をあらわす医療用麻薬製剤
  • 本剤は各種がんにおける疼痛の他、薬剤によっては(中等度から高度の)慢性疼痛などに使用するものもある

詳しい薬理作用

オピオイドとは中枢神経や末梢神経にあるオピオイド受容体への作用により、モルヒネの様な作用をあらわす物質の総称で、オピオイド受容体にはμ(ミュー)、δ(デルタ)、κ(カッパ)という種類がある。

μのオピオイド受容体は鎮痛作用に最も関与するとされ、オピオイドの中でもモルヒネ、オキシコドン、フェンタニルなどはμ受容体に対して強い作用をあらわし、脊髄(脊髄後角におけるオピオイドの鎮痛作用がよく研究されている)をはじめとして脳、末梢神経などのμ受容体への作用などにより鎮痛効果をあわらす。

本剤はオピオイド鎮痛薬の中でも医療用麻薬として取り扱われる薬剤であり、モルヒネ、オキシコドン、フェンタニル、メサドンなどがこれに該当する。本剤は強い鎮痛作用により、各種がんや(中等度から高度の)慢性疼痛などに対する疼痛緩和などで使用される。本剤は特に内臓痛などに対して有効とされる反面、副作用もあり、その中でも頻度が高いものとして吐き気・嘔吐、便秘、眠気、幻覚、呼吸抑制、排尿障害などがある。また本剤は内服薬の他、貼付剤、坐剤、注射剤などの剤形も存在し、一般的に用途や患者の嚥下能力、体質などを考慮した上で選択される。 

主な副作用や注意点

  • 消化器症状
    • 便秘、吐き気・嘔吐、食欲不振、口渇などがあらわれる場合がある
  • 精神神経系症状
    • 眠気、めまい、発汗、幻覚、頭痛などがあらわれる場合がある
  • 呼吸抑制
    • 医師の指示の下、適切に使用している場合では頻度は非常に稀であるとされる
    • 呼吸困難、呼吸異常などがおこる場合があり、その場合は医師や薬剤師に連絡するなど適切な対応を行う
  • 依存性
    • 特に本剤の連用により非常に稀に薬物依存を生じる場合がある

一般的な商品とその特徴

デュロテップMTパッチ,ワンデュロパッチ

  • フェンタニルの外用貼付剤(パッチ剤)(徐放性製剤)
  • デュロテップMTとワンデュロの使用方法(貼り替えタイミング)の違いについて
    • デュロテップMTパッチ:使用方法は通常、3日(約72時間)毎に貼り替えて使用する(胸部、腹部、上腕部、大腿部などに貼付)
    • ワンデュロパッチ:使用方法は通常、1日(約24時間)毎に貼り替えて使用する(胸部、腹部、上腕部、大腿部などに貼付)
  • 中等度から高度の慢性疼痛へ使用する場合もある

フェントステープ

  • フェンタニルの外用貼付剤(テープ剤)(徐放性製剤)
    • 使用方法は通常、1日(約24時間)毎に貼り替えて使用する(胸部、腹部、上腕部、大腿部などに貼付)
  • 中等度から高度の慢性疼痛へ使用する場合もある

イーフェンバッカル錠,アブストラル舌下錠

  • フェンタニルの速放性製剤
    • 主にレスキュー・ドーズ(突出痛)に用いる
  • 製剤の特徴と使用方法に関して
    • イーフェンバッカル錠・口腔粘膜吸収製剤で、噛んだり舐めたりせずに使用する・上顎臼歯の歯茎と頬の間で溶解させる
    • アブストラル舌下錠:・舌下の口腔粘膜から吸収させる舌下錠で噛み砕いたり舐めたりせずに使用する・舌の下に置いて溶解させる

オキシコンチン錠

  • オキシコドンの内服薬(徐放性製剤)
    • 通常、1日投与量を2回に分割して、1日2回(約12時間毎)で服用する

オキノーム散

  • オキシコドンの内服散剤(速放性製剤)
    • 主にレスキュー・ドーズ(突出痛、タイトレーション)に用いる
    • レスキュードーズの場合、本剤の1回量は通常「定時投与中オキシコドン経口製剤(オキシコンチン など)の1日量の1/8〜1/4量」とする

オキファスト注

  • オキシコドンの注射剤
    • 内服の徐放性オキシコドン製剤(オキシコンチンなど)との等価換算比 ・一般的に「オキファスト3に対してオキシコンチン4」とされる

MSコンチン錠

  • モルヒネ硫酸塩の内服薬(徐放性製剤)
    • 通常、1日投与量を2回に分割して、1日2回(約12時間毎)で服用する(場合によっては、1日3回(約8時間毎)などに分割することも考えられる)

オプソ内服液

  • モルヒネ塩酸塩の内服液剤(速放性製剤)
    • 主にレスキュー・ドーズ(突出痛、タイトレーション)に用いる
    • レスキュー・ドーズの場合、本剤の1回量は通常「定時投与中のモルヒネ経口製剤(MSコンチン など)の1日量の1/6量」を目安とする

ナルサス錠

  • ヒドロモルフォンの内服薬(徐放性製剤)
    • 通常、1日1回で服用する

ナルラピド錠

  • ヒドロモルフォンの内服薬(速放性製剤)
  • 臨時追加投与(突出痛など)として本剤を用いる場合
    • 本剤の1回量は通常「定時投与中のヒドロモルフォン経口製剤の1日用量の1/6〜1/4」を目安とする

薬の種類一覧

オピオイド鎮痛薬(麻薬)の医療用医薬品(処方薬)

外用薬:挿入剤

外用薬:貼付剤

注射薬:キット類

注射薬:液剤

注射薬:散剤

内用薬:カプセル剤

内用薬:液剤

内用薬:散剤

内用薬:錠剤

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:457
  2. 抗菌薬関連下痢症の再発を防ぐ抗体医薬が登場 トレンド◎C. difficile産生トキシンBを捕捉して腸傷害を回避 FBシェア数:8
  3. 49歳男性。進行性の高次脳機能障害 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  4. 比較読影はなぜ重要なのか? 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:0
  5. 心筋梗塞の25%は胸痛なしと知ってはいたが… 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:21
  6. 成長期のアスリートに多いスポーツ貧血って? あなたの知らないスポーツ内科の世界 FBシェア数:47
  7. 「雪かきして、だるい」も危険なサイン Cadetto Special●冬の救急 FBシェア数:3
  8. インフルエンザ脳症で1歳児が死亡、今シーズン初め… インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:189
  9. 「入院難民」「在宅難民」が深刻な社会問題に 特集◎「2040年問題」で日本の医療はここまで変わる《3》 FBシェア数:121
  10. 医師の時短に向け直ちに実施すべき事項を明示 「医師の働き方改革に関する検討会」が緊急取り組み案と中間論点整理 FBシェア数:7
医師と医学研究者におすすめの英文校正