日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

免疫抑制薬(DMARDs)解説

めんえきよくせいやく

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 免疫反応を抑え炎症を引き起こす物質の異常産生などを抑えることで関節の腫れや痛みなどを改善する薬
    • 関節リウマチでは免疫の異常によって炎症がおこり関節の腫れや痛みなどがあらわれる
    • 免疫の異常により、リンパ球という物質からの指令によって炎症がおこる要因となる物質などの過剰産生がおこる
    • 本剤は免疫反応を抑制しリンパ球の異常増殖などを抑え、抗リウマチ作用をあらわす

詳しい薬理作用

関節リウマチは免疫の異常によって炎症反応がおこる自己免疫疾患の一つで、関節の腫れや痛みなどがあらわれる。

免疫反応においてリンパ球という物質が指令を出すことによって免疫反応に関与する免疫グロブリンというものや、炎症反応がおこる要因となるインターロイキン(IL)、TNFαなどが産生される。関節リウマチではリンパ球の異常増殖などによりこれらの物質が過剰に産生されている。

本剤は免疫反応を抑制しリンパ球の異常増殖や炎症に関与する細胞の働きなどを抑えることで、炎症反応に関わる物質の過剰産生を抑えて抗リウマチ作用をあらわす。

主な副作用や注意点

  • 消化器症状
    • 吐き気、食欲不振、下痢、腹痛、口内炎などがあらわれる場合がある
  • 間質性肺炎
    • 頻度は稀だが薬剤によっては特に重篤化する場合もあり注意する
    • 息苦しくなる、空咳が出る、発熱などが急に出現したり持続したりする
    • 上記の様な症状がみられる場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する
  • 肝機能障害
    • 倦怠感、食欲不振、発熱、黄疸などがみられ症状が続く場合には放置せず、医師や薬剤師に連絡する
  • 各種感染症に関する注意
    • 免疫抑制作用により感染症が発症しやすくなる可能性があるので十分注意する
    • 感染症発症時には放置せず、医師や薬剤師への連絡や医療機関への受診など適切に行動する

一般的な商品とその特徴

アラバ

  • 薬剤の効果があらわれるのは投与開始後、2週間〜3ヶ月とされている

ブレディニン

  • 関節リウマチ以外にも腎移植における拒否反応抑制などでも使用される

プログラフ

  • 関節リウマチ以外にも用途は広く、臓器移植における拒絶反応の抑制や重症筋無力症などの免疫疾患にも使用される

リウマトレックス

  • 1週間単位での服用とし、週1〜2日間で服用後、週の残りの日数を休薬にあてる
  • 通常、本剤を週8mgを超えて服用する場合や副作用の危険性が高い場合などでは本剤の服用後の24〜48時間後に葉酸(商品名:フォリアミン など)を服用する

薬の種類一覧

免疫抑制薬(DMARDs)の医療用医薬品(処方薬)

内用薬:カプセル剤

内用薬:錠剤

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 2018年度診療報酬改定に向けた基本方針案 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:57
  2. 相撲界の日馬富士騒動を医療界に例えたら…… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:27
  3. 失敗しやすい第2のポイントは針の進め方と深さ EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:11
  4. 叱られた時のヘコみ度 病院珍百景 FBシェア数:20
  5. TIAを見逃し後遺症 循環器科医の過失を認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:23
  6. 「かぜ診療の見直し」は日英共通の課題 特別対談 日英で進む薬剤耐性(AMR)対策 FBシェア数:217
  7. 政策誘導の「はしご」は外されるのが当たり前? 記者の眼 FBシェア数:24
  8. 服用中にチーズを食べない方がいい薬って? 医師のための薬の時間 FBシェア数:6
  9. たばこじゃなくて加熱式たばこなら大丈夫ですか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:133
  10. アラフォー医師に訪れる危機(クライシス) 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:79