日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

コリンエステラーゼ阻害薬解説

こりんえすてらーぜそがいやく

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 脳内の神経伝達物質の量を増やしアルツハイマー病における記憶障害などの症状の進行を遅らせる薬
    • アルツハイマー病では神経伝達物質であるアセチルコリンの量が少なくなっている
    • 脳内でアセチルコリンはコリンエステラーゼという酵素によって分解される
    • 本剤はコリンエステラーゼを阻害し、アセチルコリンの分解を抑えることで脳内のアセチルコリンの量を増やす作用をあらわす
  • 薬剤によって剤形が様々である
    • D錠(OD錠)、ドライシロップ剤、外用貼付薬(パッチ剤)などがある

詳しい薬理作用

アルツハイマー病(アルツハイマー型認知症)では脳内の神経伝達物質であるアセチルコリンが減少することで記憶障害や思考能力の障害などがおこる。アセチルコリンは記憶などに関わる神経伝達物質であり、脳内でコリンエステラーゼという酵素により分解される。

本剤はコリンエステラーゼを阻害し、アセチルコリンの分解を抑え、脳内のアセチルコリンの量を増やすことでアルツハイマー病の進行を遅らせる作用をあらわす。

主な副作用や注意点

  • 消化器症状
    • 下痢や吐き気などの症状があらわれる場合がある
    • 症状は服用開始初期や薬の増量時などにおこりやすいとされる
    • 服用を継続していくにつれて症状が和らぐ場合が多い
    • しばらく服用を継続しても症状が緩和しない場合は、医師や薬剤師に相談する
  • 精神神経系症状
    • 眠気、めまいなどの症状があらわれる場合がある
  • 循環器症状
    • 頻度は稀だが、動悸や脈の乱れなどの症状あらわれる場合がある

一般的な商品とその特徴

アリセプト

  • 剤形に関して
    • D錠、ゼリー剤、ドライシロップ剤などもあり、嚥下機能の低下した患者などのメリットも考えられる
  • レビー小体型認知症にも効果があることが確認されている

レミニール

  • 剤形に関して
    • OD錠、内服液もあり、嚥下機能の低下した患者などへのメリットも考えられる

イクセロン リバスタッチ

  • 剤形が外用貼付薬(パッチ剤)である
    • 通常は1日1回背部、上腕部、胸部のいずれかに貼り、24時間毎に貼り替える
    • 貼付薬であるので、嚥下機能の低下した患者などへのメリットも考えられる
  • アセチルコリンを分解するブチルコリンエステラーゼという酵素を阻害する作用もあるとされる

薬の種類一覧

コリンエステラーゼ阻害薬の医療用医薬品(処方薬)

外用薬:貼付剤

内用薬:液剤

内用薬:散剤

内用薬:錠剤

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師の説明を無断録音、裁判の証拠になるのか? クリニック法律相談室 FBシェア数:262
  2. 不足だけでないインフルエンザワクチンへの懸念 記者の眼 FBシェア数:247
  3. 感染研、麻疹発生で医療機関に注意喚起 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:189
  4. 若年男性の下腹部激痛ではパンツを脱がせろ! カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:20
  5. 甲状腺機能は低めの方が余命は長い JAMA Intern Med誌から FBシェア数:123
  6. 「一般的な勤務医は労働者」に議論の余地なし 厚生労働省 第2回医師の働き方改革に関する検討会(前編) FBシェア数:255
  7. 電解質の良書 医学書ソムリエ FBシェア数:29
  8. 敗血症は治る病気です 特集◎あなたが救う敗血症《インタビュー》 FBシェア数:6
  9. 98%が「心不全患者の緩和ケアは必要」 学会トピック◎第21回日本心不全学会学術集会 FBシェア数:132
  10. 医師の働き方改革、今後の論点は大きく4項目 厚生労働省 第2回医師の働き方改革に関する検討会(後編) FBシェア数:55