カッコいい薬剤師

漫画

調剤技術に名をつけて後世に伝えよう

 「カンパーイ」。年末年始の集まりにはお酒が付き物。新しい年を祝してシャンパンを抜いた方も多いのではないだろうか。もれ伝え聞くところによると、薬剤師の間でシャンパンが秘かなブームらしいし。筆者は仲間たちとヴーヴー・クリコのグラン・ダームを味わったところだが、カッコいい薬剤師を目指す諸氏には、クリュッグ・クロ・デュ・メニをお薦めしておこう。

 もう一ひねりして、シャンパンでカクテルを作ってみるのもいい。シャンパン・ベースのカクテルでは「キール・ロワイヤル」があまりに有名だが、それ以上のものを。ちなみにキールというのはオリジナルのキールを考案した人の名前である。できあがったカクテルには当然、自分の名前を冠したい。

 ん、ひらめいた!いっそのこと調剤技術や服薬指導方法に名前をつけたらどうだろう。乳鉢を360度回転させて混合する、一人二役を演じて服薬指導するなど、みなそれぞれに調剤や服薬指導の“技”を持っているはずだ。それに自分の名前をつけるのだ。

 いや自分の名前でなくてもいい。名前をつけるのは「後世に名を残す」ためではなく、薬剤師としての知識や技術、その考え方を系統立てて次の世代に伝えていくことなのだから。例えば、一人二役の服薬指導は「きち・じょうじ(注:いっこく堂の人形)」なんて命名するのも面白いかもしれない。

 「おまえの『きち・じょうじ』はまだまだだな」、「どうしたら先輩みたいにカッコよく『コンドー・シュペリオール』ができるようになるんですか」――。でも、こんな会話が交わされる薬局ってちょっとヘン?

(鬼)

ログインしていません

日経DI最新号のご案内

日経DI最新号のご案内 実録!かかりつけ薬剤師

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

  1. ペレックスの指導で垣間見た指導官の思い セキララ告白!個別指導 FBシェア数:26
  2. 処方箋は薬局の“入場チケット”ではない! 平野道夫の「薬局手習指南所」 FBシェア数:71
  3. アサコール、寛解期の1日1回投与の承認取得 佐古みゆきの「添付文書改訂ウオッチ」 FBシェア数:48
  4. カルボシステインの薬疹は夜飲むと起こりやすい 松本康弘の「極める!小児の服薬指導」
  5. クオールの中村会長が処方箋付け替え問題で謝罪 トレンド(DIオンライン)
  6. 個人薬局のフランチャイズ化には「大反対」 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」
  7. 「急いでいるんだよ!」と患者さんに言われて 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」
  8. インデラルで指導された意外な嗜好品とは? セキララ告白!個別指導
  9. 新薬8成分18品目の薬価収載へ トレンド(DIオンライン)
  10. 外科医が薬局から病院に戻って見えてきたこと 狭間研至の「Road to 薬剤師3.0」