カッコいい薬剤師

漫画

かぎ分けられる?薬のにおい

 「この薬は何という名前ですか」。患者さんからの質問にカッコいい薬剤師が振り向くと、目の前に分包された真っ白い粉薬。薬局名、病院名はもちろん、手がかりになるようなことは何も書かれていない。患者さんはまっすぐカッコいい薬剤師を見つめて、答えを待っている。待合室の患者さんたちも、調剤室の中にいる薬剤師たちも固唾を飲んで見守っている。

 次の瞬間、カッコいい薬剤師はおもむろに薬を薬包紙の上にとる。そして一言、「ムコダイン細粒とペリアクチン散、それにアルサルミンの混合です」。待合室に感嘆の声、調剤室内に拍手の嵐。その中で、カッコいい薬剤師は何事もなかったかのように次の仕事に移っている。

 なぜわかるのか。答えは簡単。においである。見た目は白くて区別のつかない薬でも、おのおのに独特のにおいがある。それをかぎ分けたのである。別に驚くほどのことではない。カッコいい薬剤師にとって、薬のかぎ分けくらい造作もない。

 もちろん、そのためには日々の鍛練が必要だ。どんな散薬も封を切る時にまずにおいをかぐ。そう、あたかもソムリエがワインの栓を抜いた直後に、コルクを鼻に近づけるように。そして、そのにおいを頭に叩き込み、記憶に刷り込む。薬局内にあるすべての散薬のにおいを覚え込めば、たとえ何種類混合してあっても、言い当てられるようになるはずである。たぶん、いや、きっと。

 だれでも知っているような能書きをたれる薬剤師は鼻につくだけ。ぜひ鼻の利く薬剤師になってほしい。

(鬼)

ログインしていません

  1. デパス向精神薬指定の根拠とは Interview FBシェア数:148
  2. 見逃し注意!コニール分2の適応違い セキララ告白!個別指導 FBシェア数:61
  3. ごみ屋敷の独居高齢者と「社会的包摂」の意味 堀籠淳之の「日々是精進!薬剤師道場」 FBシェア数:44
  4. 100万ポイント争奪! 1日1問国試にチャレンジ こちら日経DI編集部 FBシェア数:218
  5. 12月号プレミアム版特集は「重複投薬・相互作用等… こちら日経DI編集部
  6. 高齢になれば薬剤師免許は返上すべき? 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」
  7. 「アーチストにはどうして1日1回と1日2回の用法… 山本雄一郎の「薬局にソクラテスがやってきた」
  8. 1日1問薬剤師国家試験、クリスマスまで2週間チャ… こちら日経DI編集部
  9. 心不全による下肢浮腫に悩む87歳女性への対応 青島周一の「これで解決!ポリファーマシー」
  10. 「薬剤師も糖尿病の重症化予防に貢献を」 トレンド(DIオンライン)