カッコいい薬剤師

漫画

かぎ分けられる?薬のにおい

 「この薬は何という名前ですか」。患者さんからの質問にカッコいい薬剤師が振り向くと、目の前に分包された真っ白い粉薬。薬局名、病院名はもちろん、手がかりになるようなことは何も書かれていない。患者さんはまっすぐカッコいい薬剤師を見つめて、答えを待っている。待合室の患者さんたちも、調剤室の中にいる薬剤師たちも固唾を飲んで見守っている。

 次の瞬間、カッコいい薬剤師はおもむろに薬を薬包紙の上にとる。そして一言、「ムコダイン細粒とペリアクチン散、それにアルサルミンの混合です」。待合室に感嘆の声、調剤室内に拍手の嵐。その中で、カッコいい薬剤師は何事もなかったかのように次の仕事に移っている。

 なぜわかるのか。答えは簡単。においである。見た目は白くて区別のつかない薬でも、おのおのに独特のにおいがある。それをかぎ分けたのである。別に驚くほどのことではない。カッコいい薬剤師にとって、薬のかぎ分けくらい造作もない。

 もちろん、そのためには日々の鍛練が必要だ。どんな散薬も封を切る時にまずにおいをかぐ。そう、あたかもソムリエがワインの栓を抜いた直後に、コルクを鼻に近づけるように。そして、そのにおいを頭に叩き込み、記憶に刷り込む。薬局内にあるすべての散薬のにおいを覚え込めば、たとえ何種類混合してあっても、言い当てられるようになるはずである。たぶん、いや、きっと。

 だれでも知っているような能書きをたれる薬剤師は鼻につくだけ。ぜひ鼻の利く薬剤師になってほしい。

(鬼)

ログインしていません

  1. 「管理薬剤師以外は派遣」の薬局が迎えた結末 マイルバガナム恵美の「日本とカナダの薬局見聞録」 FBシェア数:46
  2. ロラタジンが要指導医薬品に指定 ペミロラストカリウム点眼は要指導から第1類へ FBシェア数:66
  3. お茶やあめ、シールの提供をどう思いますか 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」
  4. 薬局では「意外と第1類医薬品が売れる」 DIO読者倶楽部−薬剤師のホンネ−
  5. ハーボニー「偽造品」発見で注意喚起 交付時は患者の前で開封し錠数など確認を
  6. 「薬剤師は監査と服薬指導だけやれ!」の衝撃 マイルバガナム恵美の「日本とカナダの薬局見聞録」
  7. 薬剤耐性菌の拡大は誰のせい? 薬剤師の取り組みこ… Inside Outside
  8. 超高齢社会の「真の医薬分業体制」とは 狭間研至の「Road to 薬剤師3.0」
  9. オリジナルの連絡票で効率良く残薬を確認 みんなで選ぶ!第4回日経DI薬局ツールグランプリ
  10. 連携できる薬局こそ、かかりつけや健康サポートに最… 2017年1月号特集◎キーパーソンに聞く 薬局&薬剤師どうする2017