カッコいい薬剤師

漫画

薬剤師のための漢字の蘊蓄?

 「精神分裂病」という疾病の呼び名が「統合失調症」へと変わるようである。「分裂」という漢字のイメージがよくないからだそうだ。では「躁鬱病」や「自閉症」はどうなるのであろうか。

 などと書いていて気づいたが、ワープロで「そううつ」と打てばすぐに「躁鬱」と変換されるが、いざ書いてみろと言われるとなかなか大変である。こういう難しい漢字を薬歴簿にスラスラと手書きできる薬剤師はカッコいい。「糜爛」(びらん)、「朦朧」(もうろう)、「咀嚼」(そしゃく)なんかも、薬剤師なら漢字で書いてほしい。

 ほかにも「篩過」(しか=ふるいをかけること)、「含銜法」(がんかんほう=うがいして飲み込ませる方法)、さらには慣用名の「単舎」(たんシロップ)など、薬剤師の周りには複雑怪奇(?)な漢字があふれている。カッコいい薬剤師なら当然、読めて、書けて、説明できなければならない。

 ところで、実は漢字で一番厄介なのは人名である。例えば、「鏑木心太」をあなたなら何と読むか。

 「鏑木」はちょっと前の携帯電話のCMに出てきたように「かぶらぎ」。「心太」は、木村拓哉・工藤静香夫妻のお子さんが「心美」(ここみ)ちゃんだから「ここた」?いや「心太」と書いて「ところてん」と読むのです。しかし患者さんに「ところてんさんですか。いいお名前ですね」なんて声をかけると「いいえ。しんたです!」とむっとされるかも。

 漢字をよく知っている薬剤師はカッコいいが、あまり知ったかぶりをすると「かんじワルー」となるのでご注意あれ。

(鬼)

ログインしていません

日経DI最新号のご案内

日経DI最新号のご案内 業務改善待ったなし

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

  1. 「次回、医師に相談を」は禁忌! 宮崎徹の「関節リウマチの話をしませんか」 FBシェア数:76
  2. こんないい薬があったなんて…! 新井翔の「I love 在宅」 FBシェア数:79
  3. 添付文書、2019年4月からどう変わるの? 2017年10月号特集◎変わる添付文書 FBシェア数:28
  4. 向精神薬の使用巡り薬剤師、薬局との連携推進へ トレンド(DIオンライン) FBシェア数:24
  5. 疑義照会による医療費節減効果は722億円と推算 第50回日本薬剤師会学術大会より FBシェア数:75
  6. ファクス処方箋の有効期限はいつ? 薬局なんでも相談室 FBシェア数:70
  7. 尿失禁(尿もれ)の考え方と漢方処方 幸井俊高の「漢方薬 de コンシェルジュ」 FBシェア数:18
  8. 11時間も待たされて、処方は痛み止めだけ? マイルバガナム恵美の「日本とカナダの薬局見聞録」 FBシェア数:22
  9. こんな「こどもクスリ教室」が大好評 第50回日本薬剤師会学術大会より FBシェア数:124
  10. 添付文書の記載要領変更、2割が「知らなかった」 DIO読者倶楽部−薬剤師のホンネ− FBシェア数:32