カッコいい薬剤師

漫画

患者を虜にする「いい声」を身につける

 「顔の悪いホストは成功しても、声の悪いホストは成功しない」というのが夜の世界の常識だそうだ。カッコいい薬剤師を目指すなら、顔はともかく、声には気を使いたい。薬剤師にとっても「声」は大切な商売道具だからだ。

 「声なんて変わるわけない」とあきらめてはいけない。「声がいい」というのは、要するに「声の通りがいい」ということ。息にパワーを込め、のどを開いて、舌先をよく回し、唇の筋肉をしっかり動かす。こうすれば小さい声でもよく通る。

 もちろん、そのためには朝晩の発声練習が欠かせない。唇の両端に割り箸をくわえ、おなかから声を出し、にこやかな顔で、こう言ってみよう。「あ・め・ん・ぼ・あ・か・い・な・あ・い・う・え・お。うきもに小エビも泳いでる……」(北原白秋作・あいうえおの歌より)。これを毎日続けると、滑舌がぐっと良くなる。

 「いい声」を際立たせるためには、薬局内の“騒音対策”も大切である。つけっぱなしのテレビの音、分包機の作業音、監査システムの音声認識の音、キーボードを打つ音など、薬局には様々な音があふれている。もちろんすべてが雑音というわけではないが、監査システムの音声認識の音が待合室にまで聞こえるようではいけない。ましてや各種システムの警告音がピーピー鳴り響いている薬局など言語道断だ。

 待合室のテレビのボリュームも控えめに。あなたの美声があれば、余計な音はいらないはず。服薬指導は患者さんに甘く、ささやくように。瞳を見つめて、手を握り……ん?やっぱりカッコいい薬剤師はホストに通じる?

(鬼)

ログインしていません

日経DI最新号のご案内

日経DI最新号のご案内 業務改善待ったなし

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

  1. 「次回、医師に相談を」は禁忌! 宮崎徹の「関節リウマチの話をしませんか」 FBシェア数:47
  2. 私がお葬式に極力行くようになったきっかけ 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」 FBシェア数:22
  3. ファクス処方箋の有効期限はいつ? 薬局なんでも相談室 FBシェア数:9
  4. こんな「こどもクスリ教室」が大好評 第50回日本薬剤師会学術大会より FBシェア数:111
  5. 健保連、保湿剤の保険適用除外を提言 トレンド(DIオンライン) FBシェア数:105
  6. 日薬大会の会場にタイムマシンがあったなら 狭間研至の「Road to 薬剤師3.0」 FBシェア数:65
  7. 【漫画】10年ぶりの薬局勤務あるある ガンバレ薬剤師 FBシェア数:33
  8. アセトアミノフェンとアスピリンが在庫切れへ トレンド(DIオンライン)
  9. 「患者から学ぶ」を意識した薬学教育 世界薬局・薬学部探訪記
  10. 別包にしていたレボドパ製剤とカマグを施設職員が混… 澤田教授の「育薬」道場