カッコいい薬剤師

漫画

患者を虜にする「いい声」を身につける

 「顔の悪いホストは成功しても、声の悪いホストは成功しない」というのが夜の世界の常識だそうだ。カッコいい薬剤師を目指すなら、顔はともかく、声には気を使いたい。薬剤師にとっても「声」は大切な商売道具だからだ。

 「声なんて変わるわけない」とあきらめてはいけない。「声がいい」というのは、要するに「声の通りがいい」ということ。息にパワーを込め、のどを開いて、舌先をよく回し、唇の筋肉をしっかり動かす。こうすれば小さい声でもよく通る。

 もちろん、そのためには朝晩の発声練習が欠かせない。唇の両端に割り箸をくわえ、おなかから声を出し、にこやかな顔で、こう言ってみよう。「あ・め・ん・ぼ・あ・か・い・な・あ・い・う・え・お。うきもに小エビも泳いでる……」(北原白秋作・あいうえおの歌より)。これを毎日続けると、滑舌がぐっと良くなる。

 「いい声」を際立たせるためには、薬局内の“騒音対策”も大切である。つけっぱなしのテレビの音、分包機の作業音、監査システムの音声認識の音、キーボードを打つ音など、薬局には様々な音があふれている。もちろんすべてが雑音というわけではないが、監査システムの音声認識の音が待合室にまで聞こえるようではいけない。ましてや各種システムの警告音がピーピー鳴り響いている薬局など言語道断だ。

 待合室のテレビのボリュームも控えめに。あなたの美声があれば、余計な音はいらないはず。服薬指導は患者さんに甘く、ささやくように。瞳を見つめて、手を握り……ん?やっぱりカッコいい薬剤師はホストに通じる?

(鬼)

ログインしていません

  1. 個別指導もデジタル化の時代!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:12
  2. 高いところからも取りやすい収納ケース みんなで選ぶ!第4回日経DI薬局ツールグランプリ FBシェア数:14
  3. 第一生命グループと日本調剤が業務提携 トレンド(DIオンライン) FBシェア数:15
  4. ポリファーマシーへの関わりと方法論としてのEBM 青島周一の「これで解決!ポリファーマシー」 FBシェア数:67
  5. 死ぬレベルの疑義照会 vs 帰りたい患者 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」
  6. 100万ポイント争奪! 1日1問国試にチャレンジ こちら日経DI編集部
  7. かかりつけ指導料、対象を高齢者に絞っては? トレンド(DIオンライン)
  8. 注射針の発注に使うプレート みんなで選ぶ!第4回日経DI薬局ツールグランプリ
  9. 痔主グーさんの特別講義@ひのくにノ薬局 山本雄一郎の「薬局にソクラテスがやってきた」
  10. 一包化薬の残数を即座に把握 みんなで選ぶ!第4回日経DI薬局ツールグランプリ