カッコいい薬剤師

漫画

患者を虜にする「いい声」を身につける

 「顔の悪いホストは成功しても、声の悪いホストは成功しない」というのが夜の世界の常識だそうだ。カッコいい薬剤師を目指すなら、顔はともかく、声には気を使いたい。薬剤師にとっても「声」は大切な商売道具だからだ。

 「声なんて変わるわけない」とあきらめてはいけない。「声がいい」というのは、要するに「声の通りがいい」ということ。息にパワーを込め、のどを開いて、舌先をよく回し、唇の筋肉をしっかり動かす。こうすれば小さい声でもよく通る。

 もちろん、そのためには朝晩の発声練習が欠かせない。唇の両端に割り箸をくわえ、おなかから声を出し、にこやかな顔で、こう言ってみよう。「あ・め・ん・ぼ・あ・か・い・な・あ・い・う・え・お。うきもに小エビも泳いでる……」(北原白秋作・あいうえおの歌より)。これを毎日続けると、滑舌がぐっと良くなる。

 「いい声」を際立たせるためには、薬局内の“騒音対策”も大切である。つけっぱなしのテレビの音、分包機の作業音、監査システムの音声認識の音、キーボードを打つ音など、薬局には様々な音があふれている。もちろんすべてが雑音というわけではないが、監査システムの音声認識の音が待合室にまで聞こえるようではいけない。ましてや各種システムの警告音がピーピー鳴り響いている薬局など言語道断だ。

 待合室のテレビのボリュームも控えめに。あなたの美声があれば、余計な音はいらないはず。服薬指導は患者さんに甘く、ささやくように。瞳を見つめて、手を握り……ん?やっぱりカッコいい薬剤師はホストに通じる?

(鬼)

ログインしていません

日経DI最新号のご案内

日経DI最新号のご案内 トレーシングレポート120%活用術

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

  1. 緊急調査◆処方箋付け替えを1割強の薬剤師が認識 薬剤師会員803人に聞いた FBシェア数:104
  2. ブロプレスの指導に改訂前のエビデンス!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:2
  3. かかりつけ薬剤師・薬局が持つべき機能を提示 トレンド(DIオンライン)
  4. ペントイルなど、4月から薬価収載対象外に 佐古みゆきの「添付文書改訂ウオッチ」
  5. 財務省の薬価制度の改革資料に驚き 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」
  6. クオール中村勝氏がNPhA会長職の辞意を表明 トレンド(DIオンライン)
  7. 「施設」ってこんなに種類があるの!? 新井翔の「I love 在宅」
  8. 新潟薬科大学、薬学部新設計画を見直し 費用負担と用地確保がネックに
  9. アマゾンが第1類医薬品80品目を販売開始 トレンド(DIオンライン)
  10. クオールの処方箋付け替え問題を耳にして 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」