カッコいい薬剤師

漫画

カッコいい薬剤師も「歯が命」

 だいぶ前、「芸能人は歯が命」というテレビコマーシャルが流行ったが、カッコいい薬剤師もまた「歯が命」なのである。薬の説明をする時、キラリと輝く白い歯が患者さんの心をつかむ。

 別に芸能人のように真っ白い歯を売り物にするわけではない。が、やっぱり白いに越したことはない。たばこのヤニで茶色がかった歯の薬剤師が「ニコレット」の服薬指導をしても、いかんせん説得力に欠ける。

 また、薬の副作用「歯肉肥厚」を説明する時には、患者さんに自分の歯肉をしっかり見せなければならない。そんな時、歯肉や歯がきたないとかなりカッコ悪い。もちろん歯並びも完璧じゃなきゃいけない。ただし、女性薬剤師の愛くるしい八重歯なら◎である。

 カッコいい薬剤師は、歯磨き粉や歯ブラシにもこだわる。例えば歯磨き粉は、フッ素の含有量、低発泡・低香味を考えると『Mentadent GUM Care (Chesebrough-Pond's USA社)』が断然お薦めだ。歯ブラシは小さめで、ナイロン製のやや硬めのものを使う。デンタルフロス、歯間ブラシも歯ブラシと一緒に必ず内ポケットに入れて持ち歩く。外出先でも10分以上は歯磨きに時間をかけているという念の入れようだ。

 とは言いながら、薬剤師に本当に必要なのは、実は輝く白い歯でも、きれいな歯肉でもない。それは、どんなことがあろうと耐えるために、食いしばれる“強い歯”である。「あなたのその輝く白い歯は入れ歯ですか?」と聞かれてもだ。そう、患者さんは、奥歯に物が挟まったような言い方はしないものなのである。

(鬼)

ログインしていません

  1. ビラノアとアレグラに共通する相互作用とは? 山本雄一郎の「薬局にソクラテスがやってきた」 FBシェア数:154
  2. ザイザルシロップで大誤算! セキララ告白!個別指導 FBシェア数:36
  3. 薬剤師が変われない理由はこの2つ! 狭間研至の「Road to 薬剤師3.0」 FBシェア数:215
  4. 100万ポイント争奪! 1日1問国試にチャレンジ こちら日経DI編集部 FBシェア数:216
  5. ベンゾジアゼピン系薬などの漫然投与に注意喚起 トレンド(DIオンライン)
  6. 「ちゃんと飲んでます」と言っていたのに… 新井翔の「I love 在宅」
  7. 1日1問薬剤師国試◎統合失調症患者のピロリ除菌、… こちら日経DI編集部
  8. 花粉症になりやすい証と適する漢方処方 幸井俊高の「漢方薬 de コンシェルジュ」
  9. 高濃度フッ素の歯磨き粉は6歳未満に使用不可に 濃度1000〜1500ppmが新たに承認
  10. 門前の食事処にて、ふと門前薬局を考える 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」