カッコいい薬剤師

漫画

絵心のある薬剤師はカッコいい

 「病院で検査してもらったら、肝臓が腫れていると言われたのですが、肝臓ってどんな形をしているのですか?」。そう患者から聞かれた場合、さてどうしたものか。人体解剖図を持ってきて説明するか、それとも人体模型を使って解説するか――。

 カッコいい薬剤師としては、そんな時にはぜひ、「絵」を描いてみたい。患者の目の前で、サラサラっと肝臓を描くのである。普通の肝臓と腫れた肝臓の違いを、わかりやすくデフォルメして描ければ理想的だ。時間があれば、色鉛筆やサインペンで色をつけたりしてもいい。3D立体図なんていうのもアリである。患者さんが家に飾ってくれること間違いなしだろう。

 ただし、薬剤師が描く絵であるからには、その描写は正確でなければならない。患者が子供だからといって、歓心を買うために、肝臓にアンパンマンの顔を描いたりしてはいけない。膵臓のランゲルハンス島の絵に、ヤシの木を描き入れたりするのもご法度だ。

 絵が役立つのは、病気の説明の時だけではない。「手に塗布」という処方医の指示がある場合、軟膏を詰めた缶のふたに塗布部位を示した手の絵を描いたり、肩こり用のシップを貼る位置を、鎖骨や肩甲骨と一緒に絵に描いたりできれば、一味違った服薬指導が実現できる。

 さあ、絵を描こう。学生時代、テストの裏に落書きをしたあのころに戻って。モナリザを描いたレオナルド・ダ・ビンチも科学者だった。ひょっとして、薬剤師が描く絵から、後世に残る大傑作が生まれるかもしれない。

(鬼)

ログインしていません

  1. 死ぬレベルの疑義照会 vs 帰りたい患者 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:270
  2. 痔主グーさんの特別講義@ひのくにノ薬局 山本雄一郎の「薬局にソクラテスがやってきた」 FBシェア数:123
  3. 一包化薬の残数を即座に把握 みんなで選ぶ!第4回日経DI薬局ツールグランプリ FBシェア数:10
  4. てんかん治療薬の使い方はここに注意! 2017年2月号特集◎抗てんかん薬Update FBシェア数:25
  5. かかりつけ指導料、対象を高齢者に絞っては? トレンド(DIオンライン) FBシェア数:22
  6. 日医「診療所と薬局との連携が重要」 かかりつけ医機能と在宅医療についての診療所調査結果が公表
  7. 硬いPTPシートに切り込みを入れる道具 みんなで選ぶ!第4回日経DI薬局ツールグランプリ
  8. 100万ポイント争奪! 1日1問国試にチャレンジ こちら日経DI編集部
  9. オピオイドの薬効が減弱する相互作用は? 国分秀也の「ゼロから学ぶオピオイド」
  10. 薬の発注業務に掛かる時間を短縮 みんなで選ぶ!第4回日経DI薬局ツールグランプリ