カッコいい薬剤師

漫画

「正しいモノ言い」で好感度アップ!

 「目は口ほどにモノを言い」という言葉があるが、やっぱりモノを語るのは口であり、何かを伝えるのは言葉だ。服薬指導という、薬物療法に不可欠な情報を患者に伝える仕事を担う薬剤師たるもの、その職種に見合うだけの知的なモノ言いを心がけたい。

 ピシッと身なりを整えて、手際よく薬剤調製をこなし、調剤室から出てきて患者に相対する。そこまでは完ぺきでも、いざ服薬指導の段になって「これは飲み間違えるとチョー危険ですからぁ」などと言っているようでは、患者の薬剤師への信頼は音を立てて崩れ落ちてしまう。

 患者から「この薬を飲むと眠くなってしまうんですが」と相談を受け、思わず「患者さん的には、飲みたくないってことですね。でも、ボク的には、やっぱり薬はキチンと……」などとは口が裂けても言ってはならない。「……っていうかぁ」なんていう受け答えも、もってのほかだ。調剤室の中でも決して気を抜いてはいけない。「○○さんの検査データをゲット!」などと同僚の薬剤師としゃべってはいないだろうか。

 イントネーションにも十分気をつけたい。若い人の中には時々、語尾を上げてしゃべる人がいるが、自信がないように感じられ、患者に不安を与えてしまう。はやりのアクセントがない、平坦なしゃべり方もバツである。患者の多くは年配者であり、若者言葉を快しとは思っていない。

 逆に、わかりやすく、知的なしゃべり方で服薬指導ができれば好感度アップ! カッコいい薬剤師の仲間入り間違いなしだ。

(婆)

ログインしていません

日経DI最新号のご案内

日経DI最新号のご案内 業務改善待ったなし

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

  1. 「次回、医師に相談を」は禁忌! 宮崎徹の「関節リウマチの話をしませんか」 FBシェア数:72
  2. ファクス処方箋の有効期限はいつ? 薬局なんでも相談室 FBシェア数:62
  3. こんないい薬があったなんて…! 新井翔の「I love 在宅」 FBシェア数:26
  4. こんな「こどもクスリ教室」が大好評 第50回日本薬剤師会学術大会より FBシェア数:118
  5. 11時間も待たされて、処方は痛み止めだけ? マイルバガナム恵美の「日本とカナダの薬局見聞録」 FBシェア数:10
  6. 私がお葬式に極力行くようになったきっかけ 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」 FBシェア数:36
  7. 添付文書の記載要領変更、2割が「知らなかった」 DIO読者倶楽部−薬剤師のホンネ− FBシェア数:21
  8. 健保連、保湿剤の保険適用除外を提言 トレンド(DIオンライン) FBシェア数:105
  9. 「薬局機能情報提供制度」の改正省令公布 トレンド(DIオンライン)
  10. アセトアミノフェンとアスピリンが在庫切れへ トレンド(DIオンライン)