カッコいい薬剤師

漫画

薬局外からの視線にも気を配ろう

 先日、街中にある調剤専門薬局の前を通りかかった時のこと。何気なく薬局内に目を向けてみたら、白衣を着た薬剤師とおぼしき若い女性が、待合用のイスに腰かけて足を組み、テレビのワイドショーを見ながらマニキュアを塗っていた。患者が1人もおらず、ヒマだったせいもあるのだろうが、これは明らかにいただけない。

 薬局の中にいると、外の様子には意外と無関心になりがちだ。しかし、表を歩いている人たちが、いつ患者となって薬局を訪れるとも限らない。地域住民の目が届くところでは、薬剤師は「見られている」という緊張感を忘れてはならない。

 たとえ休憩時間でも、漫画を読んでヘラヘラ笑っているようでは、“街の化学者”の威信が台なしだ。女性の化粧直しも感心しない。カウンターにいる間は、常に他人の視線を意識した振る舞いを心がけよう。

 まず、患者を待っている間にカウンターで読む本は、分厚い専門書に限るようにする。いくらヒマでも待合室のテレビをみることは避け、代わりにパソコンのモニターに向かい、医薬品情報の収集に努めたい。

 とはいえ、たまには息抜きも必要だ。そんな時は、漫画の表紙に専門書のカバーをかけたり、パソコンのモニターを外からは見えない方向に向け、ゲームを楽しんだりするのも悪くない。あくまでも、まじめな表情を崩さずに、という前提つきでだが……。

 女性は、男性に見られることによってきれいになるという。薬剤師は、人から見られることによってカッコよくなっていくのである。

(雉)

ログインしていません

日経DI最新号のご案内

日経DI最新号のご案内 実録!かかりつけ薬剤師

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

  1. クオールの中村会長が処方箋付け替え問題で謝罪 トレンド(DIオンライン) FBシェア数:180
  2. カルボシステインの薬疹は夜飲むと起こりやすい 松本康弘の「極める!小児の服薬指導」 FBシェア数:434
  3. 個人薬局のフランチャイズ化には「大反対」 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」
  4. 新薬8成分18品目の薬価収載へ トレンド(DIオンライン)
  5. 「急いでいるんだよ!」と患者さんに言われて 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」
  6. インデラルで指導された意外な嗜好品とは? セキララ告白!個別指導
  7. 優秀賞◆分包紙をセットして引っ張るだけできれいに… 2017年5月号特集◎第4回日経DI薬局ツールグランプリ 結果発表
  8. インターン研修の応募倍率25倍の人気薬局 世界薬局・薬学部探訪記
  9. スギ薬局が地元自治体と包括連携協定 トレンド(DIオンライン)
  10. 憂鬱な気分を吹き飛ばすベルガモット 酒井美佐子の「ハーブ&アロマの知恵袋」