カッコいい薬剤師

漫画

薬局外からの視線にも気を配ろう

 先日、街中にある調剤専門薬局の前を通りかかった時のこと。何気なく薬局内に目を向けてみたら、白衣を着た薬剤師とおぼしき若い女性が、待合用のイスに腰かけて足を組み、テレビのワイドショーを見ながらマニキュアを塗っていた。患者が1人もおらず、ヒマだったせいもあるのだろうが、これは明らかにいただけない。

 薬局の中にいると、外の様子には意外と無関心になりがちだ。しかし、表を歩いている人たちが、いつ患者となって薬局を訪れるとも限らない。地域住民の目が届くところでは、薬剤師は「見られている」という緊張感を忘れてはならない。

 たとえ休憩時間でも、漫画を読んでヘラヘラ笑っているようでは、“街の化学者”の威信が台なしだ。女性の化粧直しも感心しない。カウンターにいる間は、常に他人の視線を意識した振る舞いを心がけよう。

 まず、患者を待っている間にカウンターで読む本は、分厚い専門書に限るようにする。いくらヒマでも待合室のテレビをみることは避け、代わりにパソコンのモニターに向かい、医薬品情報の収集に努めたい。

 とはいえ、たまには息抜きも必要だ。そんな時は、漫画の表紙に専門書のカバーをかけたり、パソコンのモニターを外からは見えない方向に向け、ゲームを楽しんだりするのも悪くない。あくまでも、まじめな表情を崩さずに、という前提つきでだが……。

 女性は、男性に見られることによってきれいになるという。薬剤師は、人から見られることによってカッコよくなっていくのである。

(雉)

ログインしていません

  1. 誤解が多い妊婦さんの葉酸の取り方 松本康弘の「極める!小児の服薬指導」 FBシェア数:97
  2. 死ぬレベルの疑義照会 vs 帰りたい患者 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:296
  3. 初訪問で患者が激怒!そのワケは? 新井翔の「I love 在宅」 FBシェア数:121
  4. 100万ポイント争奪! 1日1問国試にチャレンジ こちら日経DI編集部
  5. 薬の仕切りを活用した軟膏ヘラスタンド みんなで選ぶ!第4回日経DI薬局ツールグランプリ
  6. 厚労省と薬剤師関係3団体が意見交換 医薬品の適正流通確保、かかりつけ薬剤師への取り組みなど
  7. 「発注忘れ」を防止するカードとホルダー みんなで選ぶ!第4回日経DI薬局ツールグランプリ
  8. オピオイドの薬効が減弱する相互作用は? 国分秀也の「ゼロから学ぶオピオイド」
  9. 週刊誌の「薬を飲むな!」に自らの服薬指導の危うさ… Inside Outside
  10. オーソライズド・ジェネリックへの釈然としない思い… 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」