カッコいい薬剤師

漫画

「知りません」と言い切る勇気を持とう

 薬剤師が患者から信頼され、地域に溶け込めば溶け込むほど、全く知らない健康食品や、聞いたこともない病気について、患者から質問される機会が増えてくる。例えば、ほとんど知識を持ち合わせていない難病について尋ねられた場合。「それは大変ですね。先生からは、どのようにお聞きになりましたか?」と返すのが定石だろう。

 でも、患者が「説明は受けたんですが、不安なので自分でも調べてみたところ、やっぱりよくわからないんです」と聞いてきたら、これはピンチ。ごまかしは利かない。患者は自分で調べたこと以上のアドバイスを求めて、勇気を振り絞って質問しているのだから。

 ここでは、当たり障りのないことを言うのではなく、あえて「すみません。不勉強で、○○についてはよく知りません」と言ってみたい。さらに、「よろしければ、明日までの宿題にさせていただけませんか。わかる範囲で調べておきますので」と付け加え、患者の悩みの原因を聞いておく。自分にとって未知の分野を勉強できるチャンスであることはもちろんだが、患者も「専門家が私のために調べてくれる」という好印象を持ってくれるに違いない。

 たくさんの知識を持っているからこそ言える、毅然とした「知りません」。これは明らかにカッコいい。
 そんなことをしていたら、週末も休めなくなってしまうじゃないか――。そうおっしゃる方は、先の患者の質問にこう答えてみよう。「そうですか。でしたらもう少し、先生に詳しく聞いてみた方がいいですね」。たぶんこの患者は、二度とあなたの前には現れないだろう。

(猿)

ログインしていません

  1. 死ぬレベルの疑義照会 vs 帰りたい患者 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:296
  2. 誤解が多い妊婦さんの葉酸の取り方 松本康弘の「極める!小児の服薬指導」 FBシェア数:122
  3. 100万ポイント争奪! 1日1問国試にチャレンジ こちら日経DI編集部 FBシェア数:217
  4. 初訪問で患者が激怒!そのワケは? 新井翔の「I love 在宅」
  5. 薬の仕切りを活用した軟膏ヘラスタンド みんなで選ぶ!第4回日経DI薬局ツールグランプリ
  6. 「発注忘れ」を防止するカードとホルダー みんなで選ぶ!第4回日経DI薬局ツールグランプリ
  7. オーソライズド・ジェネリックへの釈然としない思い… 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」
  8. 週刊誌の「薬を飲むな!」に自らの服薬指導の危うさ… Inside Outside
  9. オピオイドの薬効が減弱する相互作用は? 国分秀也の「ゼロから学ぶオピオイド」
  10. かかりつけ薬剤師、3年以上の勤務経験が壁 トレンド(DIオンライン)