カッコいい薬剤師

漫画

雨にも負けず、風にも負けない体力作りを

 どんなに大きな会社の社長だろうが、会社の外ではただのおじさんである。職場にいるつもりで、その辺の道をふんぞり返って歩いていては、「ヘンなオヤジ」と思われるのがオチだ。しかし薬剤師は、薬局の外でも薬剤師である。どんな時でも「地域の健康管理人」であることを忘れてはならない。

 例えば、東に散歩した時にけがをした子供がいれば、常に持ち歩いているファーストエイドキットで手当てをしてやり、西に出かけた時に育児に疲れた母親がいれば、子供を背負ってあやしてやる。南に在宅訪問指導した時に隣家で介護疲れの家族を見かけたら、「こういうお手伝いができますよ」と安心させたりもする。

 そのためには、雨にも負けず、風にも負けず、雪にも、夏の暑さにも負けない体力作りがまず重要になる。地域の健康管理人が、自分の健康も管理できないようでは話にならない。そして、地域のあらゆることが自然と目に入って来るように、欲を出さず、心を静かにして、常に微笑みながら暮らしていく心構えも肝要だ。

 こういった心構えは、薬局での日常業務にも必ずや反映されるだろう。たとえどんな患者がやって来たとしても、あなたはムッとしたりいやになったりはせず、患者の話を十分に聞き、患者の立場を理解できるようになっているはずだ。

 しかし、もしあなたが北の方に出かけた時にケンカをしている人を見かけても、「つまらないからやめろ」とは言わない方がいい。逆に“オヤジ狩り”に遭ってしまう可能性があるからだ。世知辛い世の中である。

(爺)

ログインしていません

日経DI最新号のご案内

日経DI最新号のご案内 実録!かかりつけ薬剤師

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

  1. 「急いでいるんだよ!」と患者さんに言われて 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」 FBシェア数:320
  2. 新薬の「14日間ルール」見直し求める トレンド(DIオンライン) FBシェア数:57
  3. インデラルで指導された意外な嗜好品とは? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:79
  4. ペレックスの指導で垣間見た指導官の思い セキララ告白!個別指導 FBシェア数:41
  5. 1日1問薬剤師国試◎調剤録はいつ作成する? こちら日経DI編集部
  6. カルブロックやレザルタスの禁忌が改訂 佐古みゆきの「添付文書改訂ウオッチ」
  7. カルボシステインの薬疹は夜飲むと起こりやすい 松本康弘の「極める!小児の服薬指導」
  8. 処方箋は薬局の“入場チケット”ではない! 平野道夫の「薬局手習指南所」
  9. 個人薬局のフランチャイズ化には「大反対」 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」
  10. アサコール、寛解期の1日1回投与の承認取得 佐古みゆきの「添付文書改訂ウオッチ」