カッコいい薬剤師

漫画

電話パフォーマンスで患者の信頼をゲット

 人が電話をかけている様というのは、端から見ると、とても気になるものである。

 例えば電車の中で、すぐ隣で他人同士が会話していても何とも思わないのに、それが携帯電話となると、はなはだ不愉快になる。職場の同僚が国際電話をかけて、英語を流ちょうに話そうものなら「すごいなあ」と感心し、仕事が手に付かなくなったりする。

 詐欺師がよく使う手口にも、こんなものがある。有名企業の社長や政治家などのVIPに電話した振りをして、客(カモ)の目の前で親しそうに話し、「俺にはこんな人脈がある」と信用させるのである。詐欺でなくとも、あなたが森首相やローマの中田英寿選手などに電話をかけ、友だちのような口調で話をすれば、大抵の人は「スゲーなあ」と尊敬の目でみるはずだ。

 さて、最近、処方監査の徹底や医師との密接なコミュニケーションの必要性が叫ばれ、薬局薬剤師が処方医に電話する機会が増えている。調剤室から電話するケースが多いようだが、それではせっかくの電話がもったいない。

 医師との電話連絡は、プライバシーに配慮した上で、患者の目の前で行ってはどうだろう。普段、医師に遠慮しがちな患者は「すごい! あの気難しいお医者さんと対等に話している」と驚くに違いない。その際、「先生、その薬との併用には相互作用が考えられるので、○○に換えたらどうですか」なんてセリフが言えたらカッコいい。

 これを携帯電話やPHSで行えば、もっと効果的だ。あなたへの患者の信頼感がいっそう増すこと請け合いである。

(猫)

ログインしていません

日経DI最新号のご案内

日経DI最新号のご案内 トレーシングレポート120%活用術

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

  1. 緊急調査◆処方箋付け替えを1割強の薬剤師が認識 薬剤師会員803人に聞いた FBシェア数:83
  2. ペントイルなど、4月から薬価収載対象外に 佐古みゆきの「添付文書改訂ウオッチ」 FBシェア数:37
  3. クオールの処方箋付け替え問題を耳にして 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」
  4. 日薬会長、「医薬分業を進めるも壊すも薬剤師」 トレンド(DIオンライン)
  5. 注射器片手に「HIV陽性よ!」と叫ぶ患者 マイルバガナム恵美の「日本とカナダの薬局見聞録」
  6. 薬物治療適正化に薬剤師が貢献 世界薬局・薬学部探訪記
  7. ウエルシア、薬剤師4000人規模に トレンド(DIオンライン)
  8. 日薬会長「薬剤師倫理にもとる許しがたい行為」 トレンド(DIオンライン)
  9. アマゾンが第1類医薬品80品目を販売開始 トレンド(DIオンライン)
  10. 中医協の幸野委員が語る次期改定のキーワード 次期改定も追い風?