カッコいい薬剤師

漫画

“七色の日本語”で薬局を患者のふるさとに

 少子高齢化の時代である。加えて人材の流動化が進んでいる。

 例えば、愛知県丹羽郡扶桑町に就職した青森県西津軽郡木造町出身の一人息子が、年老いた親を勤務地に呼び寄せるというような事例が、日本各地で発生している。つまり、あなたの薬局には全国から、ほかの土地で長く暮らした“異邦人”としてのお年寄りがやって来る。

 異郷の高齢者は、ただでさえ心細い。しかも病気である。薬局へと向かう足取りは自然と重く、心は晴れない。

 それを救うのが、あなただ。もし患者が、あまり口を開けずにボソッと「おばんです」とつぶやきながら薬局に入ってきたならば、あなたは「東北の北の端の出身だ」とピンと気づき、津軽弁で「どんだば」と言いながらニコッと微笑み迎え入れる。

 その瞬間から患者にとっては、この薬局がふるさとだ。子供のころの想い出が瞬時に頭の中を駆け巡り、顔には生気が蘇り、そしてあなたに対しては、親へのような信頼感が生まれてくる。

 もちろん、患者が四国の北の方の出身だとしたら「どしたんな」、九州の西の方だとしたら「どげんしたとな」というように、すぐに対応できるようにするための勉強は常に欠かせない。

 そして患者が足繁くあなたの薬局を訪れるようになったら、仕上げとして、壁に貼ってある「GET THE ANSWERS」のポスターには、「ゲットジアンサーズ」というわかりにくい片仮名の代わりに、その患者の出身地の言葉で振り仮名を振っておこう。例えば、「なんでもちいでけせ」(仙台弁の場合)というように。

(爺)

ログインしていません

  1. デパス向精神薬指定の根拠とは Interview FBシェア数:148
  2. 見逃し注意!コニール分2の適応違い セキララ告白!個別指導 FBシェア数:61
  3. ごみ屋敷の独居高齢者と「社会的包摂」の意味 堀籠淳之の「日々是精進!薬剤師道場」 FBシェア数:44
  4. 100万ポイント争奪! 1日1問国試にチャレンジ こちら日経DI編集部 FBシェア数:218
  5. 12月号プレミアム版特集は「重複投薬・相互作用等… こちら日経DI編集部
  6. 高齢になれば薬剤師免許は返上すべき? 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」
  7. 「アーチストにはどうして1日1回と1日2回の用法… 山本雄一郎の「薬局にソクラテスがやってきた」
  8. 1日1問薬剤師国家試験、クリスマスまで2週間チャ… こちら日経DI編集部
  9. 心不全による下肢浮腫に悩む87歳女性への対応 青島周一の「これで解決!ポリファーマシー」
  10. 「薬剤師も糖尿病の重症化予防に貢献を」 トレンド(DIオンライン)