カッコいい薬剤師

漫画

「0円」の温かいスマイル

 調剤報酬点数表に特別指導加算が新設されたことで、患者1人当たりの服薬指導の時間を長くとる薬局が増えている。このため4月以降、薬剤師の仕事がとても忙しくなっているらしい。

 そのせいか、服薬指導の際、患者に笑顔で話しかけている薬剤師を見ることは意外と少ない。確かに調剤ミスがあってはいけないし、指導中はわかりやすい言い回しを懸命に考える必要がある。ついつい真剣な顔つきになってしまうのもやむを得ないが、患者に応対する時だけは、温かい、嫌みのない「スマイル」を心がけるようにしたい。

 女性に比べ、笑顔の作り方が下手な男性薬剤師の皆さんにこそ、このスマイルを身につけてほしい。見習うべきは一流ホテルのフロントマン。あのキビキビと無駄のない動きの中に、さわやかな笑顔。それに薬剤師としての専門知識を駆使したわかりやすい説明が加われば、最高にカッコいい。

 それから、薬局として笑顔の対応を重視する姿勢をアピールするために、某ファーストフード店のやり方をまねて、領収書に「スマイル0円」と書いてみてはどうだろう。すべての従業員が、必ずや患者に対し、優しくほほ笑みかけるようになるはずだ。

 もっとも、特別指導加算を算定するために服薬指導の時間を長くした薬局が多いことから考えると、薬局に笑顔を定着させるためには、調剤報酬点数表に「笑顔指導加算」という項目を設けた方が効果的なのかもしれない。「患者1人につき概ね3回以上、優しくほほ笑んだ場合に限り算定する」といった“厳密な”ルールと一緒に……。

(猿)

ログインしていません

  1. 死ぬレベルの疑義照会 vs 帰りたい患者 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:294
  2. 誤解が多い妊婦さんの葉酸の取り方 松本康弘の「極める!小児の服薬指導」 FBシェア数:6
  3. 初訪問で患者が激怒!そのワケは? 新井翔の「I love 在宅」 FBシェア数:79
  4. 週刊誌の「薬を飲むな!」に自らの服薬指導の危うさ… Inside Outside FBシェア数:54
  5. 厚労省と薬剤師関係3団体が意見交換 医薬品の適正流通確保、かかりつけ薬剤師への取り組みなど
  6. 100万ポイント争奪! 1日1問国試にチャレンジ こちら日経DI編集部
  7. オーソライズド・ジェネリックへの釈然としない思い… 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」
  8. ハーボニーのボトル品は2月末で製造中止 3月1日よりPTP包装品の出荷開始
  9. オピオイドの薬効が減弱する相互作用は? 国分秀也の「ゼロから学ぶオピオイド」
  10. 薬の仕切りを活用した軟膏ヘラスタンド みんなで選ぶ!第4回日経DI薬局ツールグランプリ