薬剤師道一直線

一、「礼」と「間合い」を習得すべし

 「礼に始まり、礼に終わる」。剣道や柔道、茶道、華道などで「礼」が重視されることは、ご存じの方も多いだろう。薬剤師も、日ごろの業務で「礼に始まり、礼に終わる」を実践してみるのはいかがであろうか。

 礼とは、「人と交わるに当たり、まずその人格を尊重し、これに敬意を表すること」であり、「相手に不快な思いをさせない」という最低限の心遣いである。礼には、立礼や座礼のように動作・作法としての形の意味もあるが、大切なのは、その心である。

 患者さんの前に立ったとき、相手の人格を尊重し、敬意を表し、不快な思いをさせないことを意識しているだろうか。もちろん、いついかなる時もである。自分が忙しかろうが、体調が悪かろうが。しかも、「礼に始まり、礼に終わる」のだから、患者さんが薬局に一たび足を踏み入れた瞬間から、薬局を出るまで、最初から最後まで、徹頭徹尾、この「礼」の意識を持ち続ける必要がある。

 その際、患者さんとの「間合い」にも気を配るようにしたい。ここでいう間合いとは、物理的な距離のことではなく、患者さんとの心の距離のことである。いくら礼を尽くし、敬意を持って接したとしても、間合いが近過ぎると患者さんは警戒するし、遠過ぎればせっかくの敬意も伝わらない。

 遠くもなく、近くもなく。無条件に「この人と話したい」「この人に相談したい」と患者さんに思わせるような絶妙な間合い。それが実現できれば、患者さんは、薬剤師から聞かれるまでもなく、自分の体のことや病気のこと、悩みを打ち明けてくれるようになるだろう。そして、その相談に薬剤師は礼を尽くして応える。適切な間合いさえ保てていれば、それもさほど難しくはないはずだ。

 今年こそ、絶妙な「間合い」をものにしよう。うまくいかなくても諦めることなく、「まあいいヤ」なんて言わずに。

(結城 真吾)

ログインしていません

日経DI最新号のご案内

日経DI最新号のご案内 トレーシングレポート120%活用術

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

  1. アンテベート軟膏と白色ワセリンの古い混合剤を再使… 澤田教授の「育薬」道場 FBシェア数:57
  2. 混ぜるな危険、ロラゼパムとロフラゼプ 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:175
  3. 東京理科大、クオールでの実務実習を辞退 トレンド(DIオンライン) FBシェア数:306
  4. 1日1問薬剤師国試、GWチャレンジ! こちら日経DI編集部
  5. クオールの処方箋付け替え問題を耳にして 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」
  6. ブロプレスの指導に改訂前のエビデンス!? セキララ告白!個別指導
  7. 在宅に必携の「医療用麻薬適正使用ガイダンス」が改… トレンド(DIオンライン)
  8. 高齢者への漢方薬処方にはエビデンスがあるか 薬局なんでも相談室
  9. 緊急調査◆処方箋付け替えを1割強の薬剤師が認識 薬剤師会員803人に聞いた
  10. かかりつけ薬剤師・薬局が持つべき機能を提示 トレンド(DIオンライン)