薬剤師道一直線

一、顔に責任を持つべし

 「40 歳になったら、人は自分の顔に責任を持たねばならない」。この言葉は、第16 代アメリカ合衆国大統領のエイブラハム・リンカーンが残した言葉である。「顔」は親から与えられるものだが、40 歳を過ぎるころから経験の重みや他人を受容する気持ち、自分に対する確信が顔に現れてくる。そうしてでき上がった自分の顔に責任を持たなければならない。リンカーンは、そう教えている。

 薬剤師も40 歳ともなれば、中堅からベテランの域に達してくる時期である。これをお読みの40 歳過ぎのアナタ。自分の顔に責任が持てているだろうか? 一度、顔を鏡に映し、自問してみるとよい。美人やイケメンといった表面的なことではなく、顔を通して、内面の自分に問いかけるのである。「薬剤師として、自分はどう過ごしてきたのか」を。

 一方で、顔という言葉は、「首相は日本の顔」「社長は会社の顔」など、「ある組織や集団を代表する存在」という意味でも使用される。では、あなたは今、働いている薬局の「顔」と言えるだろうか。

 薬局の顔になるには、長い道のりが必要である。それも険しい道である。日々、技術を磨き、知識を習得しなければいけない。

 ここで大事なことは、自己満足ではなく、他人から認められなければいけないということである。スタッフから尊敬され、ドクターやナースから信頼され、そして、患者さんから愛されて、初めて、その薬局の顔となるのである。そして、一度薬局の顔となったならば、おごることなく、名を汚さぬよう、日々精進し続けなければならない。

 修業は、果てしなく続く。それは、薬剤師道に足を踏み入れた者の宿命である。でも、決してツライ顔などしてはならない。和顔愛語。和やかな表情で優しく話す姿こそが、薬剤師に求められているのだから。

(結城 真吾)

ログインしていません

  1. 死ぬレベルの疑義照会 vs 帰りたい患者 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:294
  2. 誤解が多い妊婦さんの葉酸の取り方 松本康弘の「極める!小児の服薬指導」 FBシェア数:6
  3. 初訪問で患者が激怒!そのワケは? 新井翔の「I love 在宅」 FBシェア数:79
  4. 週刊誌の「薬を飲むな!」に自らの服薬指導の危うさ… Inside Outside FBシェア数:54
  5. 厚労省と薬剤師関係3団体が意見交換 医薬品の適正流通確保、かかりつけ薬剤師への取り組みなど
  6. 100万ポイント争奪! 1日1問国試にチャレンジ こちら日経DI編集部
  7. オーソライズド・ジェネリックへの釈然としない思い… 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」
  8. ハーボニーのボトル品は2月末で製造中止 3月1日よりPTP包装品の出荷開始
  9. オピオイドの薬効が減弱する相互作用は? 国分秀也の「ゼロから学ぶオピオイド」
  10. 薬の仕切りを活用した軟膏ヘラスタンド みんなで選ぶ!第4回日経DI薬局ツールグランプリ