薬剤師道一直線

一、身近な人にまず認められよ

 この6 月に、いよいよ約6 万人の「登録販売者」が、新たな医薬品販売の担い手として働き始める。薬剤師にとって新たなライバル登場とみるのか、心強いパートナーを得たとみるのか。それは本誌の記事に委ねるとして、ここではおいておこう。

 さて、薬局の薬剤師にとって最も身近なパートナーといえば、やはり事務スタッフではなかろうか。一人薬剤師を支えるベテラン事務さんから、10 人を超える事務スタッフを束ねる事務局長まで。肩書、役割はいろいろあるが、共通して言えるのは薬剤師の下で、いや薬剤師と共に、患者さんのために働いているということであろう。

 何も言わなくてもスッと薬歴や服薬支援シートを手渡して、さりげなく前回からの処方変更内容を伝えてくれる。まるで、オペ中のドクターを支えるナースのように(さすがに汗までは拭かないが……)。それだけではない。調剤に時間がかかりそうなときは患者さんの話し相手となり、一部負担金についてクレームが寄せられれば、凛(りん)とした患者対応によって相手を怒らせることなく事を収める。そんな事務スタッフを見ると、本当に素晴らしいと心底思う。

 ここで、改めて考えてみてほしい。自分が働く薬局の事務スタッフのことを。彼ら彼女らは、自らの仕事に誇りを持って患者さんのために働いていると自覚できているだろうか。家族や友人たちに、「私は○○薬局の事務スタッフとして、薬剤師と共に患者さんのために働いています」と胸を張り言ってくれているだろうか。

 そのためには、一緒に働く薬剤師が尊敬され、事務スタッフが誇れる薬局でなくてはならない。身内の人間だからこそ、等身大の薬剤師を知っている。その事務スタッフに認められる薬剤師になることが、薬剤師道を極める第一歩なのである。

(結城 真吾)

ログインしていません

日経DI最新号のご案内

日経DI最新号のご案内 トレーシングレポート120%活用術

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

  1. 財務省の薬価制度の改革資料に驚き 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」 FBシェア数:39
  2. 「施設」ってこんなに種類があるの!? 新井翔の「I love 在宅」 FBシェア数:50
  3. 新潟薬科大学、薬学部新設計画を見直し 費用負担と用地確保がネックに FBシェア数:35
  4. 緊急調査◆処方箋付け替えを1割強の薬剤師が認識 薬剤師会員803人に聞いた
  5. ペントイルなど、4月から薬価収載対象外に 佐古みゆきの「添付文書改訂ウオッチ」
  6. 中医協の幸野委員が語る次期改定のキーワード 次期改定も追い風?
  7. 日薬会長、「医薬分業を進めるも壊すも薬剤師」 トレンド(DIオンライン)
  8. クオールの処方箋付け替え問題を耳にして 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」
  9. 注射器片手に「HIV陽性よ!」と叫ぶ患者 マイルバガナム恵美の「日本とカナダの薬局見聞録」
  10. この在宅患者は介護保険?医療保険? 新井翔の「I love 在宅」