薬剤師道一直線

一、身近な人にまず認められよ

 この6 月に、いよいよ約6 万人の「登録販売者」が、新たな医薬品販売の担い手として働き始める。薬剤師にとって新たなライバル登場とみるのか、心強いパートナーを得たとみるのか。それは本誌の記事に委ねるとして、ここではおいておこう。

 さて、薬局の薬剤師にとって最も身近なパートナーといえば、やはり事務スタッフではなかろうか。一人薬剤師を支えるベテラン事務さんから、10 人を超える事務スタッフを束ねる事務局長まで。肩書、役割はいろいろあるが、共通して言えるのは薬剤師の下で、いや薬剤師と共に、患者さんのために働いているということであろう。

 何も言わなくてもスッと薬歴や服薬支援シートを手渡して、さりげなく前回からの処方変更内容を伝えてくれる。まるで、オペ中のドクターを支えるナースのように(さすがに汗までは拭かないが……)。それだけではない。調剤に時間がかかりそうなときは患者さんの話し相手となり、一部負担金についてクレームが寄せられれば、凛(りん)とした患者対応によって相手を怒らせることなく事を収める。そんな事務スタッフを見ると、本当に素晴らしいと心底思う。

 ここで、改めて考えてみてほしい。自分が働く薬局の事務スタッフのことを。彼ら彼女らは、自らの仕事に誇りを持って患者さんのために働いていると自覚できているだろうか。家族や友人たちに、「私は○○薬局の事務スタッフとして、薬剤師と共に患者さんのために働いています」と胸を張り言ってくれているだろうか。

 そのためには、一緒に働く薬剤師が尊敬され、事務スタッフが誇れる薬局でなくてはならない。身内の人間だからこそ、等身大の薬剤師を知っている。その事務スタッフに認められる薬剤師になることが、薬剤師道を極める第一歩なのである。

(結城 真吾)

ログインしていません

  1. 見逃し注意!コニール分2の適応違い セキララ告白!個別指導 FBシェア数:60
  2. 高齢になれば薬剤師免許は返上すべき? 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」 FBシェア数:27
  3. 心不全による下肢浮腫に悩む87歳女性への対応 青島周一の「これで解決!ポリファーマシー」 FBシェア数:50
  4. 「アーチストにはどうして1日1回と1日2回の用法… 山本雄一郎の「薬局にソクラテスがやってきた」
  5. 「薬剤師も糖尿病の重症化予防に貢献を」 トレンド(DIオンライン)
  6. 1日1問薬剤師国家試験、クリスマスまで2週間チャ… こちら日経DI編集部
  7. どこの世界にもある中間管理職の悲哀 裴英洙の「薬学部では教えてくれないマネジメント術」
  8. 100万ポイント争奪! 1日1問国試にチャレンジ こちら日経DI編集部
  9. エボラ出血熱に院内感染した医療者の訴訟の教訓 まいにち薬剤師
  10. 12月号プレミアム版特集は「重複投薬・相互作用等… こちら日経DI編集部