薬剤師道一直線

一、肩書を捨て実力で勝負せよ

 この4 月、最後の4 年制学部卒の薬剤師が社会に出てくる。いよいよ6 年制時代への突入である。

 それに呼応するように、認定実務実習指導薬剤師や各種専門薬剤師など、研修や生涯学習に関する話題が多くなってきた。その一つとして日本薬剤師会が推し進めるのが、すべての薬剤師が身に付けるべき「プロフェッショナル・スタンダード」であり、段階的な生涯学習システムと位置付けられる「クリニカルラダー」である。これらは、社会評価に耐え得る薬剤師育成の柱となるであろう。

 そのうちクリニカルラダーを和風に表現するなら、さしずめ“番付”といったところか。番付といえば、町中で関取に遭ったとき、ほとんどの人はそれが力士とわかるであろう。十両以上の関取には、大銀杏を結い、羽織袴を着ることが許されているからである。

 しかし、ざん切り頭の序の口では、ただの浴衣を着た体の大きな青年としか思われないかもしれない。角界では身なりからして、整然と格付けが行われているのである。

 薬剤師はもちろん大銀杏も結わないし、普段から羽織袴を着る人もいない。身なりで格付けを行うのではなく、薬剤師として得た知識、技術、研さんの積み重ねによって、おのずと格付けが決まる。はたから見ればレベルの差はわかりにくいが、そこには目に見えぬ格付けである“番付”が存在している。

 よく考えてみると、身なりで格付けを表している大相撲にしても、実際はまわし一枚、裸で勝負し、実力で番付が決まるのである。薬剤師も一度すべての肩書を捨て、裸になって勝負する時を迎えているのではないか。

 それにより、患者から、社会から認められ、「顔の見える」薬剤師が生まれる。誰からも信頼され、何事も受け止められる薬剤師が。そう、まさしく横綱相撲が取れる薬剤師が。

(結城 真吾)

ログインしていません

  1. ハーボニー偽造品が東京都で新たに9本発見 トレンド(DIオンライン) FBシェア数:177
  2. 薬局で「ニセ薬鑑定します」 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」
  3. ハーボニー「偽造品」発見で注意喚起 交付時は患者の前で開封し錠数など確認を
  4. 「管理薬剤師以外は派遣」の薬局が迎えた結末 マイルバガナム恵美の「日本とカナダの薬局見聞録」
  5. 注射薬だけがなぜ特別なのか?「薬局で注射」につい… Inside Outside
  6. 「偽造品は全て医薬品卸から購入したもの」 ハーボニー偽造品が最初に発見された関西メディコが見解発表
  7. カナダで糖尿病療養指導士の試験に挑戦してみた まいにち薬剤師
  8. ハーボニー偽造品発見が薬剤師に与える衝撃 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」
  9. 休日の外部研修受講は勤務扱いになる? 薬局なんでも相談室
  10. 100万ポイント争奪! 1日1問国試にチャレンジ こちら日経DI編集部