薬剤師道一直線

一、薬剤師に休息の時はなし

 2009年の年が明けた。多くの人が正月休みを終え、仕事を始めていることであろう。

 官公庁などは年末の12月27日から正月4日まで9連休であった。また、今年は春のゴールデンウィークに加え、秋にも土曜日を含めた5連休がある。

 薬剤師の皆さんの中にも、休みが増え、スポーツや趣味に時間を割くことができるようになった人が多いに違いない。スポーツで言えば、ゴルフ人気は相変わらずであり、趣味の世界では、再び将棋ブームが起こりそうな気配である。

 ところで、駅などで学校帰りのプロゴルファーの石川遼選手に遭ったとしても、気が付く人はあまりいないのではなかろうか。同様に、街中でプロ棋士の羽生善治名人を見かけても、気付く人は少ないであるう。

 では普段は、石川選手はプロゴルファーではなく、羽生名人はプロ棋士ではないのであろうか。答えは「NO」である。

 プロたる者、いついかなるときもプロであり続けなくてはならない。ゴルファーであれば体を鍛え、ベストの体調を維持せねばならず、棋士たる者は、常に棋譜を頭に描かねばならない。それができているからこそ、ゴルフクラブを握った瞬間に石川選手はプロゴルファーの顔になり、棋盤を前にした羽生名人は勝負師そのものの表情になるのである。プロのプロたるゆえんであろう。

 薬剤師も、もちろんプロである。プロである以上、最高の調剤ができるよう精神や体調を整えるのはもちろんのこと、どんな質問にも答えられるように、目の前の患者さんの薬歴は常に頭に入れておかなければならない。

 薬剤師には日曜日も祝日もない。正月もゴールデンウィークも関係ない。薬剤師に休息の時はないのである。薬剤師道を極めんとする者であれば、なおさらである。今年も1年、心して修行されたし。

(結城 真吾)

ログインしていません

日経DI最新号のご案内

日経DI最新号のご案内 STOP! 調剤過誤 50の工夫

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

  1. コデイン類含有製剤、12歳未満は禁忌に まずは「重要な基本的注意」で注意喚起、2019年から全面禁忌 FBシェア数:292
  2. 添付文書の「原則禁忌」「慎重投与」が廃止 適用は2019年4月1日から、経過措置期間は5年 FBシェア数:837
  3. ディートが使いにくい人や子どもにも使える新しい虫… 薬局なんでも相談室 FBシェア数:39
  4. 末梢神経障害へのエパルレスタットに要注意 セキララ告白!個別指導 FBシェア数:74
  5. パタノール点眼28日分は何mL? セキララ告白!個別指導
  6. オランザピンの適応外使用が可能に トレンド(DIオンライン)
  7. トラムセットとプリンペラン併用はいつまで? 山本雄一郎の「薬局にソクラテスがやってきた」
  8. 基本料一本化とかかりつけ要件の見直し求める トレンド(DIオンライン)
  9. 図々しい実務実習生でもいいですか 日本薬学生連盟の「薬学生の主張」
  10. 一般名処方での先発品名の併記は避けてほしい 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」